日本, 滋賀県

 縄文時代、弥生時代、古墳時代、そして飛鳥時代・・・。日本の古代を勉強したくなり、ふと調べていると出てきたキーワードが「渡来人」。昔教科書で、「稲作、鉄器などが渡来人によって日本へ伝えられた」と書かれていたことを思い出しました。

三重県, 岐阜県, 滋賀県

「吾が足は三重の勾の如くして、甚疲れたり」

「三重」の由来を知りたくて探していたところ、古事記の中に出てくるヤマトタケル伝説に出てくる上の言葉から三重と呼ばれるようになったと知りました。

これは、ヤマトタケルが ...

滋賀県

戦国の世、戦国最強にして最恐の武将、織田信長が自身の象徴として築城した「安土城」。従来の城と全く異なる外観のインパクトもあり、信長の凄さを見せつけていたと言います。

たったの6年で焼失した栄華の象徴

本能寺の変(1582年6 ...

滋賀県

豊臣秀次が建築した八幡山城の城下町として整備された近江八幡の水路群。昔は公共交通機関として発展していた琵琶湖の船湖路。船が琵琶湖からこの中心街まで入ることができるようになっていて、近江商人の商売を支えていたそうです。

&n ...

滋賀県

琵琶湖周辺は、その昔、もっと大きな湿地帯が広がっていて、戦国の豊臣時代にその湿地の干拓や農地化により生まれた景観保護すべき絶景地区です。

菜の花と桜が似合う水路が広がる農村風景

琵琶湖の南東側、近江八幡市に「西の湖」という琵 ...

滋賀県

「他を抜く」縁起物!たぬきの置物

毎年、体育の日の前後に狸の置物で有名な信楽で「信楽陶器まつり」が開催されます。狸の置物のイメージになってますが、信楽は非常に長い歴史がある窯元の街。日本六古窯の一つに数えられていて、狸の置物以外にも茶器 ...