日本|大阪|古代の英雄「物部守屋」の墓

 聖徳太子や蘇我馬子の最大のライバルにして敵として、常に悪役のように扱われている物部守屋(もののべのもりや)。大和朝廷で強力な権力を持ち、最強の軍事勢力であった物部氏は、日本唯一とも言われる宗教戦争(丁未の乱)において神道側の代表として戦います。

 圧倒的に戦争を有利に進める物部守屋でしたが、最後は仏教の神々に守られた聖徳太子に敗れ去るというストーリーは、皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

後の権力者一族となる天皇家の聖徳太子と争うことで、悪役として歴史書に記されることになった物部守屋。明治以降の国家神道の流れや、勝者による歴史創作を改めようという時代を経て、古代日本の中での物部守屋の活躍が見直されています。

交通量が多い国道沿いにひっそりとたたずむ物部守屋の墓

 神道の英雄「物部守屋」の墓は国道165号線沿いにひっそりとたたずんでいます。非常に交通量が多い通りですので、写真を撮るのも注意が必要です。

むかしの書物では「守屋塚」という名前で残っていたそうです。あまり手入れ、維持がされていなくて荒れていたところ、明治になり国家神道が栄える中で、神道を守り抜こうとした物部守屋が評価され、新しく作り直されたんだそうです。

古墳ではありませんし、普通のお墓の形式をしています。新しいことが分かります。

「何ぞ国神に背きて、他神を敬せんや」

日本書紀に書かれている物部守屋が蘇我氏の仏教導入に反対して言った有名な言葉です。千年以上たった現代にも伝わり、全国の神社の尊敬を集めています。石玉垣には全国の有名な神社がずらりと名前を連ねています。

現在では、物部守屋も完全なる仏教反対ではなかったかもしれないと言われていますが、それでも大筋では古くから伝わる八百万の神々側のヒーローとして活躍したことは間違いないんでしょう。なんといっても物部氏は天孫ニギハヤヒの子孫ですからね。古代の、しかも日本で唯一とも言われる宗教戦争。誰も実際に目で見た人はいませんが、本当はどうだったんだろう。

諏訪神社に伝わる洩矢神は物部守屋なのでは?とか、物部氏は出雲にルーツがあるのでは?とか。さまざまな伝説や迷信を残す古代の英雄「物部守屋」。調べれば調べるほど興味がわいてくる人物です。

Posted by tetsuchippy