メキシコ|メキシコシティ|美味くて観光地に近い!観光に便利なおすすめグルメレストラン5選!

メキシコ料理は、アステカ・マヤ文明の料理文化にスペイン統治時代のエッセンスが加わり、メキシコ独特のトウモロコシやトウガラシをメインにした美味しい料理がたくさん存在しています。今回はメキシコシティで食べることができる料理とレストランの中で、初めてメキシコを訪問した人でも安心・安全に食事できる料理とレストランを紹介したいと思います。

①~④は市内のソカロ周辺。⑤はテオティワカン近郊になります。

おすすめグルメ①:コロナビール直営店の「サロン・コロナ」で駆けつけ一杯!最後はメキシコプリンで!

 メキシコのお酒と言えば、テキーラが最も有名かもしれませんが、海外旅行でアルコール度数の強いテキーラを飲んで失敗するのがちょっと怖い!そんな人にはメキシコビールの帝王コロナビールがおススメ!

 メキシコのモデーロ社が作るコロナビールは世界的に人気の銘柄。みんな一度は見たことあるのではないでしょうか。メキシコシティに、そのモデーロ社が直営する居酒屋「サロン・コロナ(Salon Corona)]があります。

居酒屋だけあって、メニューが豊富。メキシコ料理の有名メニューも勢ぞろい。しかも外国人観光客が多いソカロ地区なので、英語が通じるスタッフの方も常駐しているようなので安心ですね!

 まずは駆けつけ一杯にコロナを注文。上写真の通り定番の瓶で登場!各テーブルの上にタコス用のライムがありますので、そのライムを瓶ビールにのっけるコロナビールスタイル。なるほど。コロナビール定番のライムは、メキシコの居酒屋だからこそだったんだと納得!

これは黒生ビールのオスクーラ。生ビールを飲めるのもいいですよね。日本からメキシコまでの移動は短くても12時間以上。疲れた体にはやっぱりテキーラより慣れたビールがいい!そんな人にはこちらのお店がおススメです!

肉の細切れに漬物、それにトルティーヤです。各机の上にあるサルサソースなどの味付けを好みに合わせて加え、トルティーヤで巻いて食べるタコスです。肉をくるむものや、店員のおすすめはタコのタコスでした。食べてみたけど、確かにうまい。意外とメキシコシティは魚貝が美味しかったりします。

机の上にあったニンジンやハラペーニョのピクルスを一緒に食べて美味い!

最後に、お店の自家製プリン。実はこれもお勧めなんです。メキシコでプリン?と思うかもしれませんが、じつはメキシコ料理でデザートと言えばプリン(フラン)が定番なんです。またこれが美味しい・・・。料理方法はネットで調べればわかりますが、日本のプリンとは材料も調理方法も異なるらしい。懐かしい田舎の砂糖多めのプリンのような。実は、この居酒屋での〆としてプリンをどうぞ!

観光客でも安心して利用できて、しかも地元客が多いお店サロンコロナに行った時のブログを、下にリンクしました

おすすめグルメ②:アステカ帝国から伝わる伝統スープ料理ポソレを専門店ポソルカリで!

  ポソレは「ひき割りしたトウモロコシ」という意味だそうで、トウモロコシがたくさん入った具だくさんのスープ料理。ただ、コーンスープのイメージとは全く異なります。トウモロコシは、黄色いコーンのイメージとは異なり、色は白くジャガイモのような、ブロッコリーの芯を柔らかくしたようなです。

ポソレ専門店の「ポソルカリ(POTZOLLCALLI)」はソカロから徒歩5分ほどの場所にあり、朝来ても夜来ても治安が安心なエリアです。

店内はファミレス風で綺麗。スタッフも観光客に慣れているので注文も安心。

モツ肉の入ったポソレ。見た目激辛そうに見えるかもしれませんが、喉がポカポカするいい辛さ。この持つ肉の触感が美味しくて、中には引き割りトウモロコシが、カレーのじゃがいも位の大きさでゴロゴロ入っています。

メキシコ定番の机の上のサルサソースやライチなどを加えて好みの味に調整できるのはメキシコグルメの楽しみです!

自分は少し酸味を追加した方が好きだったかな。

他にもモレとか美味しい料理をいただきましたので、訪問した際のブログを下にリンクしました。

おすすめグルメ③:メキシコシティに来たならスタンド屋台タコス!「タケリア・トラケパケ」

 やっぱりメキシコに馴染むならスタンド屋台のタコスをはずすことはできません。地元民が屋台でタコスを買って、街角でかぶりついているのを見ると、やはり屋台のタコスがメキシコ人のソウルフードなんだろうなぁと感じます。

ソカロ地区から徒歩5分ほど。ポソルカリの近くに人気のスタンド屋台「タケリア・トラケパケ(Taqueria Tlaquepqque)」があります。スタンド屋台とは、上写真のように道路に面した屋台。衛生面も綺麗なので安心です!

店員さんは喜作で明るく、写真にも気軽に応じてくれます。外国人客への対応に慣れているので、スペイン語なしでも注文しやすく、指さしと指の本数で十分に注文できました。

テイクアウトもできますが、お皿に載せてくれて店内で食べることもできます。店内にはサルサソースなどの味付けもできるようになっているので、味付けしてからテイクアウトでももちろん大丈夫。

サイズは少し小さめで持ち運びしやすくなっているのですが、食べてビックリ!美味しい!。私が今回旅行中に食べた中ではNo.1のタコスでした。屋台あなどれん!このお店は観光地ソカロに近く、お値段お手頃!しかもうまい!お勧めです

2019年末にタケリアを訪問した時のブログを下にリンクしました。

おすすめグルメ④:メキシコのスィーツは揚げたてサクサクのチュロス!「エル・モロ」

 メキシコは砂糖産業が盛んでサトウキビからとれる黒砂糖が有名。実は砂糖が美味しい国として知られています。その昔スペイン統治の時代に伝わったスペインの代表的なスィーツのチュロスに、メキシコの美味しい砂糖が加わって、スペイン本国に負けないほど美味しいチュロスを食べることができるんですよ!

24時間営業している「エル・モロ(El Moro)」は地下鉄駅からでも行くことができますが、ソカロからも徒歩10分ほど。ラテン・アメリカタワーから徒歩3分ほどの場所にあります。

このお店のすごいところは常に揚げたてのチュロスが食べられるところ。お店の近くに行くだけで香ばしい美味しそうな香りが漂ってきますよ。

砂糖とシナモンがふりかけられたチュロスとチョコレートラテ。チュロスって、こんなにサクサクで美味しいものだったんだ・・・と感激する美味しさ。やっぱり砂糖の甘さが美味しいんですよね。

チョコラテにチュロスを浸して食べるつもりだったのですが、チョコラテも劇甘なので浸さない方がいいかも。とにかくチュロスが美味しくて、しかも24時間営業なので朝食にお勧めですよ!

2019年末に訪問した時のブログを下にリンクしておきます。

おすすめグルメ⑤:もう一つの観光拠点テオティワカンの洞窟レストラン

 メキシコシティのもう一つの観光拠点テオティワカン。登ることができるピラミッドとしては世界最大。正にメキシコ観光の目玉です。そのテオティワカンは街から少し離れた場所にあり、ツアーに参加しなければ昼食の場所を探すのは大変です!今回はテオティワカン遺跡から徒歩で行くことができる洞窟レストラン「ラ グルタ(La Gruta)」を紹介します。

テオティワカンはメキシコシティから北東方向に約50㎞の位置にある世界遺産のピラミッド。乾燥した地帯の中にあります。街から少し離れているのですが観光客向けのレストランはたくさんあります。その中で最もおすすめなのが洞窟レストランのラ グルタ(La Gruta)。上の写真のとおりインパクトのあるオシャレなレストランです。

ラ グルタは太陽のピラミッドの南側を通過して東側出口から徒歩10分ほどで到着することができます。一度、テオティワカン遺跡から外に出ることになりますが、テオティワカン入場チケットがあれば再入場できますので無くさないようにお気を付けください。

ちょっと観光地価格でお高めですが、味は折り紙つき。オシャレな料理に英語が通じるスタッフ。そして何よりメキシコ料理の種類も多いので食べたいものがあれば探してみるのもありかも。テオティワカン近郊でインパクトのあるレストランをお探しならぜひお勧めですよ!

2019年末に訪問した際のブログを下にリンクしておきます。

以上!メキシコシティ観光に便利で美味しいレストランを5つ紹介しました。初めてのメキシコシティ旅行にも利用できるお店なのでぜひぜひご利用ください!

Posted by tetsuchippy