メキシコ|メキシコシティ|コロナビールの直営居酒屋「サロン・コロナ」

 ガラスボトルにカットライムを差し込んで飲むスタイルで有名なコロナビール(上写真)。正式にはコロナ・エキストラと言うらしい。メキシコビールの代表格で、なんと日本の輸入ビールNo.1。そのコロナビールを製造しているモデーロ社が直営する大衆居酒屋「サロン・コロナ」に行ってみました!!

今回お邪魔したのはメキシコシティのソカロエリアにあるサロン・コロナ本店。お店情報は下の通りですが、いつも通りのメキシコ情報恒例の情報源によって営業時間は異なるパターンですのでご注意を。私たちが訪問したのが2019年12月28日(土)の19時過ぎ。大繁盛の絶賛営業中でした。

住所 Calle de Bolívar 24, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06000Ciudad de México, CDMX
電話番号 +52 55 5512 5725
営業時間るるぶ情報:16時~翌4時
定休日なし

このサロン・コロナがあるソカロエリアはメキシコシティの中心部。観光でも中心的な場所なので観光客も非常に多く治安はかなり良いエリア。街かどには、たくさんの警察も立っていますのである意味安心安全ですよ。

入口には巨大なお肉!テンションが上がります

このトルコ料理のケバブスタイルで焼かれたこの巨大なお肉は、ナイフで小さく切り取られ、野菜などと一緒にトルティーヤに巻かれてタコスになります。入り口にこの肉が見えたらそこはタコスが食べられるお店だとすぐに分かります。

 観光客よりも地元客比率が高そうではありましたが、英語が喋れるスタッフもいました。もちろんスペイン語しかできないスタッフもいましたが、わからなければ英語スタッフを呼んでくれるので安心ですよ。入り口付近はカウンター席。カウンター席は満席だったので奥に案内されます。

奥はテーブル席。テレビではサッカーが流れてて、みんなが机を囲んでビール飲みながらタコスパーティーを楽しんでいます。基本的なメキシコ料理は揃ってましたので、メキシコの喧騒感を味わいながらメキシコ料理を楽しむことができます!そして何より美味しいビール!

生ビールは3種類、クリアビールと黒ビールとそのミックス。今回はクリアと黒のミックス「タロ・カンペチャーナ」を注文しました。もともとすっきり味のビールなので、コクはあるけどすっきりな美味しいビールでした。

もちろん定番のカットライムがのったコロナエキストラもいただきました。メキシコではタコスを食べたりする際に、机の上にあるライムや野菜の漬物?、サルサソースで、自由に味付けできるようになっているので、きっとコロナエキストラにもライムを乗せるようになったのかな。これから飲むコロナビールがさらに美味しく飲めるようになった気がします。

タコス・アル・パストールです。店先で焼かれていた巨大肉を切って、トルティーヤに包んで食べます。

じゃーん。1個目のタコスが完成。美味しそうでしょう!そう美味しいんです。やっぱりトルティーヤの味も違いますしこの肉が美味しい!メキシコ料理の辛さを心配していたのですが、そんなに厳しい辛さはなく、思ったよりマイルド。非常に食べやすかったです。

タコス・プルポ をはじめ、いくつかのタコス盛り合わせ。店員さんのおすすめがこのタコス・プルポ。タコのタコスです。メキシコではタコが人気なんですね。真っ黒な色してたのでタコ墨でも入ってるのかな?私は好きだったのですが、ちょっと癖があったので相方は苦手のようでした。

最後の〆にサロン・コロナ自慢の自家製プリン。この泡だった昔ながらの味がするプリンが美味しかった!サロン・コロナに行ったならこのプリンがおススメですよ。

いかがでしたか?コロナビール直営のサロン・コロナ。お値段も手ごろ。メキシコの雰囲気も楽しめて、美味しい生ビールが飲めて、そしていろんなメキシコ料理を楽しめる!気軽に食べれるお店でした。

※注意点:英語メニューもありましたが、英語の説明だけではなかなか料理が分かりません。(かつ丼をKATSUDONって書いてあるだけのようなことなので、料理内容が分からない!。いくつか写真を印刷したり、ガイドブックを見せながら注文した方が良いかも)

Posted by tetsuchippy