日本|長野|東山魁夷の名画「緑響く」を求めて御射鹿池へ!

 日本を代表する日本画家の東山魁夷(ひがしやまかいい)。独特な景色を描いた美しい絵で人気の画家さんです。なかでも代表作の「緑響く」は、多くの人が見たことがある名画ではないでしょうか。

参考ホームページ:長野県信濃美術館 東山魁夷館

「緑響く」はテレビCM等にも登場したことがありましたが、奥蓼科温泉郷近くの御射鹿池(みしゃかいけ)がその風景モデルになったと言われているそうです。

今回はその名画「緑響く」のモデル「御射鹿池」の写真撮影旅です!

今回は、風も少なく水面が静かな早朝を狙っての写真撮影。日の出二時間前くらいに到着しました。池近くには無料駐車場があったので、駐車して車中で待機。まだ真っ暗な山奥でポツンと待機。

変な足音がすると思ったら車のすぐ横を大きな猪が歩き、遠くでは獣の声が・・・・。まさに大自然。

薄明るくなってきたので駐車場から100m位の場所にある御射鹿池の池のほとりに移動します。私と同じように御射鹿池の早朝写真を撮影しに、カメラマンが5人くらいいました。

上の写真が御射鹿池です。ちいさな人工池。奥蓼科温泉の酸性水が流れ込むため、水質は強い酸性で、魚などが生息できないそうです。そのため水は非常に綺麗で、若干青がかって見えました。

 風がなく天気も良く、しかも小さな池のため、水面が非常に静か。まるで水面が鏡のように木々が映りこんでいます。幸い水鳥もまだ寝ているようです。

ここから太陽があがりきるまでが、撮影の勝負!。三脚もなしに暗い中で撮影しているので、手振れしまくり。何枚かに1枚きれいに撮影できました。

いかがですか?!渾身の一枚!満足のできる写真を撮影することができました。まさに東山魁夷の「緑響く」。この景色をみていると、御射鹿池が「緑響く」のモデルという噂の信憑性を感じます。東山魁夷さんも、この畔から池を見ていたんだろうなぁ。

いかがですか?早朝の御射鹿池での写真撮影。名画を再現できる面白い場所でした。

Posted by tetsuchippy