日本|北海道|源泉100%かけ流し宣言!名湯「川湯温泉」

 阿寒摩周国立公園の北部に位置する「川湯温泉郷」。非常に珍しい温泉街全体で源泉100%かけ流し宣言を行っている温泉郷で、今回私たちは2回目訪問。本当に気に入っている素晴らしい温泉です。

川湯温泉は噴気を荒々しく吹き上げる硫黄山のすぐ北側に位置し、硫黄山地底から供給される硫黄を含む強酸性のお湯が湧きでています。なんとpHが1~2で、玉川温泉や酸ヶ湯温泉と並ぶ、日本屈指の強酸性泉。胃液なみの酸性で釘等の金属を2週間で溶かしてしまうほどの劇的な泉質を持っています。

 硫黄臭、肌がすべすべになる感覚、刺激的な泉質に興味のある温泉ファンの皆様におススメの温泉郷です。

アイヌ語で「裸の山」を意味するアトサヌプリと呼ばれる硫黄山

 硫黄山はアトサヌプリ(アイヌ語で裸の山)と呼ばれる活火山。そこら中からガスが噴き出ていて、木が一本も生えていないのでそう呼ばれたんでしょうね。

 明治時代からは硫黄が大量に採れる鉱山として産業が盛り上がり、その頃から川湯温泉が湯治場として人気が出たんだそうです。さすが!そこらじゅうに黄色い硫黄成分が見えていて、すごい硫黄臭が立ち込めていました。

独特な景観のつつじヶ原自然探勝路

硫黄山から川湯温泉までの距離は約2km。その間はつつじヶ原自然探勝路として独特な景観が見られます。浅い地底を強酸性の地下水が流れることから、酸性土壌に強い植物しか生育できません。この白い花はイソツツジ。一般的にエゾイソツツジと呼ばれていて、6月~7月頃に白い花を一面に咲かせます。

小さな白い花がたくさん集まって球形になっているかわいい花。一面に咲く姿は圧巻です。今回訪問したのが2019年6月29日だったので正に見頃でした。この時期は、毎朝、川湯温泉から硫黄山までのウォーキングが地元ガイド付きで開催されているそうですよ。興味がある方は1時間くらいですので参加してみてはいかがでしょうか。

今回宿泊したのは川湯観光ホテルさん!

 今回お世話になったのは川湯温泉郷の南端に位置する川湯観光ホテルさん。今回は素泊まりプランの予約でお邪魔しました。昔ながらの観光ホテルの外観ですが、非常にサービスもよく、木彫り彫刻をして店頭販売するコーナーがあるなど、ゆっくり楽しむことができました。駐車場はたくさんありました。

ホテル目の前には川湯観光ホテルの源泉があります。この温泉郷はホテルごとに源泉がことなるそうです。しかも、すべてのホテルが「源泉100%かけ流し」なんだそうです。

ホテル前に足湯があって、さっそく手を入れてみたんですが、ササクレにいきなり滲みて痛みが・・。さすが強酸性。宿泊が楽しみです!

部屋は和室。外に食事に行っている間に布団を敷いてくれました。布団で寝るの久しぶりで気持ち良かった・・・・。設備はそれなりに古いのですが、非常に清潔で、整備されていて居心地良かったです。また、浴室までも近いので、何度も名湯につかりに行くことができました。

さっそく川湯温泉に入浴。強い硫黄臭。肺の中まできれいになる気がします。ぬるいお湯、中くらいのお湯、熱いお湯の湯船があります。ぬるいお湯に長風呂。さっそく髭剃り痕や、ササクレに痛みを感じます。パシャパシャと顔を洗うと、なんと目が痛い・・・。恐るべし強酸性。

 本当に素晴らしいお湯で、肌の表面があっという間にすべすべしてくるのが分かります。古い肌の表面の角質をどんどん溶かしてくれるんでしょうね。飲泉はありませんでしたが、お湯がわき出ているところを救って口に含んでみたところ・・・「酸っぱーい!レモン汁のような味。でもなんかおいしい」。自己責任ですが、実は美味しい温泉としても有名です。

 こちらの川湯温泉は清掃が午前中なので、深夜もずっと夜通しで入浴できます。宿泊中に5回ほど入浴させてもらいましたが、本当に体はポカポカ。肌はすべすべ。素晴らしいお湯。一泊で肌の調子が絶好調になりました。

名湯「川湯温泉」は、アイヌの人たちが様々な病気や怪我の治療に使っていたといわれるお湯。本当におススメです!

火山系の地形で、名湯がたくさん集まる北海道エリアの中でも張出横綱に指名されるほどの名湯「川湯温泉」。入浴すればすぐに分かるその強力な泉質。お勧めです!

鄙びた温泉街。美味しいお店が揃っています。

 お邪魔した1店舗目は「味楽寿司」さん。

川湯温泉郷は北海道の内陸に位置していますが、味楽寿司のお寿司は絶品!オホーツク海と釧路港から直送される新鮮な魚貝、摩周湖の伏流水で炊きあげられたシャリで作られるお寿司は本当においしい!川湯が生んだ最強の力士「大鵬関」が愛したお店です。

大将もすごく明るくて、おしゃべり好き。どこから来たの?何見たの?といろいろしゃべりかけてくれます。常連さんもたくさん来ているようで、久しぶりーなんて声もたくさん聞かれました。

 韓国からの旅行者さんもいらっしゃって、苦手そうな英語で一生懸命接客してました。笑

とは言え、このお寿司見てください。本当に輝いているように見えます。綺麗ですね。どのお寿司も新鮮で、美味しい。15貫くらいあったと思いますが、あっという間にペロッと食べちゃいました。

北海道と言えば海鮮。美味しい海鮮をいただきました。

続いて2店舗目は味楽寿司のとなりにある「いなか家 源平」さん。

中はこじゃれた居酒屋で、北海道産のいろんな名物をいただくことができます。

焼酎をいただきながら注文したのが「超巨大ホッケ」。名前の通り、本当に大きい。大きいだけじゃなく分厚い!大きな皿からはみ出てしまう巨大さ。オホーツクや知床周辺のホッケは日本一おいしいと言われています!ジューシーでこんなにおいしい焼き魚を食べたのは初めてかも。

指定の農家に作ってもらったジャガイモで作った「ゲンコロ」。巨大コロッケです。このお店の名物の一つなんですが、これは私たちもお勧め。食べて驚いたのが、ジャガイモなのに、すごく甘い。まるでサツマイモが入っているのかと思うような甘さ。食べ損ねないようにご注意ください!

味楽寿司の美しいお寿司。源平のホッケとコロッケでおなか一杯。

いかがですか?札幌や旭川などの大都市じゃなく、田舎の鄙びた温泉街「川湯温泉郷」で食べ歩くのも楽しいですよ!

いかがですか?北海道有数の名湯「川湯温泉」。その知名度は登別や知床に比べたら遠く及びませんが、そこに匹敵する強烈な名湯ですよ!ぜひ訪れてみてください!