アメリカ|ニューヨーク|韓国料理が食べたくなったら①「New Wonjo」

2019年7月21日

 海外で西洋的食生活が数日続くだけで「野菜が食べたい。鍋が食べたい・・・」と、心が叫び始めませんか?でも、海外で日本食の生食は避けたい・・・。そんな時に助けになるのが韓国料理。世界各国どこで食べても外れなく美味しい韓国料理。もちろんニューヨークにも美味しい韓国料理屋さんがありました!

 ニューヨークではエンパイアステートビルの南側エリアにコリアンタウンが広がっていて、ニューヨークなのに結構お手軽な値段で、しかも深夜遅くまで営業している韓国料理屋さんがあるので行ってきました。

街の中の看板や、スタッフの会話など、ハングルがあふれた面白い街でした。

今回お邪魔したのは人気店「New WONJO」

今回お邪魔したのは、New WONJO。20時ごろの夕食ピーク時にお邪魔したので、10人近い待ち列ができていましたが、あっという間に入ることができました。ちょうど入れ替わりタイミングだったかな。

お店は、2階がBBQ(焼肉)、1階は焼きがない韓国料理向けの席になっていました。

やっぱり韓国料理でうれしくなるのが、この最初のたくさんのお通し。キムチとか、すべてがおふくろの味っぽくて美味しい。このお通しがお店によって味が違うので面白いですよね。食べてなくなったらどんどんお替りさせてくれました!

キムチチゲ鍋。ニューヨークでステーキやポテトばっかり食べてたら、この出汁がきいた鍋料理が食べたくなるんですよね。バンバン食がすすみます。

サラダも!!美味しい。これはちょっとハワイ風にマグロが入ってました。美味しい。チーズサラダばかりで飽きていたので嬉しい。やっぱり、ちょっと途中で韓国料理が入ると、一気に食欲がわいてきます。

もちろん味付きの焼き肉もおいしい。韓国料理って、世界中で人気な理由が分かります。やっぱりおいしい!

 スタッフの方たちがてきぱきと調理もしてくれて、美味しいタイミングも教えてくれて、次々とサンチュで包んでおなか一杯いただきました。

 ニューヨークはどこで食べても簡単に1万円をオーバーしていくハイコストシティー。しかも意外なことに結構12時ごろにはどんどんお店が閉まってしまい、レストランを探すのに困ります。

 このコリアンタウンは、5000円ほどで食べることもできますし、しかも24時間営業のお店も多くあります。ステーキばかりじゃ飽きてしまいそうな方たちは、ニューヨークのコリアンタウン周辺でホテルを取ると生活をしやすいんじゃないでしょうか!ぜひその際にはNew WONJOがお勧めですよ。