アメリカ|ニューヨーク|国際ニュースに登場する国連本部を見に行こう!

 国際連合って、国際ニュースで良くも悪くもよく出てくるキーワードですよね。第二次世界大戦の戦勝国を中心として作られた国際連合ですので、現在の世界のバランスに大きな影響を持っていることは間違いありません。戦争の危険が迫ったら「安全保障理事会」とか、旅行好きに大きな影響を与える世界遺産を決めるユネスコなんかも、国際連合の一機関ですよね。

国際連合の本部ビルがニューヨークにあります。マンハッタン島の東側。イーストリバーからよく見えるこのビルは、写真の通り高層だけど薄っぺらいわかりやすい形をしています。国連前にはたくさんの国旗がたなびいていました。

 もともと国連本部をどこに設置するかを決める際、各国はアメリカによる盗聴を嫌がってニューヨークを拒否していたそうです。ところが、アメリカの大富豪ロックフェラーがニューヨークの一等地に巨大な土地を無料で提供することになり、一転ニューヨークへの設置が決まったそうです。

国連本部の観光見学にはパスポートが必要です!

 実は国連本部内は観光客が見学することができます。上の写真は観光客が国連本部に入場する前の荷物チェックをされるための行列です。ただしここで注意。この行列に並ぶ前に国連本部前の事務所に入場の申し込みをする必要があります。

まずはこの、国連本部前にある事務所「VISITOR CHECK-IN OFFICE」に行きます。中では入国審査のようなものが行われます。必要なものは日本のパスポートだけ。複数人の家族やグループの場合は、代表者1名がみんなのパスポートを持って一人だけ中に入ります。

 代表者は事務所内で、どこから来たの?日本です。目的は?観光です。何名ですか?2名です。程度の会話があり顔写真の撮影があります。

代表者は、この顔写真と名前入りのシールを目立つ場所に貼ります。

 他の家族やグループメンバーは、この簡単なテープのようなものを腕に巻きます。これらは国連を出るまでは剥がしてはいけません。これが受付が終わっている証拠となるようです。

国連本部に入場する際には、グループは一緒に荷物検査を受けることになります。

 飛行機に乗る時と同じ程度の荷物チェックが終わった後に入場ができます。

本部入口は、観光客だけでなく国連職員の皆さんも使っています。国際色豊かな、いかにも仕事ができそうで、それぞれの国の服装を身に着けた頭もセンスも良さそうな人たちを見ているだけでも、ちょっと国連職員にあこがれてしまいます。

 子供のころにここに来ることができていたら、きっと将来の目標は国連職員になってたんじゃないかな。

国連入口では、ネルソン・マンデラさんの銅像が建っていました。マンデラさんは人気がすごくて、たくさんの人が一緒に写真を撮ってました。

国連の観光スペースには本屋さんがありました。いろんな絵本や、世界での国連活動の写真の本など、時間があればもっとゆっくり立ち読みしたかったなぁ。購入することもできます。

 でも一番お勧めで、大人気なのがお土産コーナー。国連マークの付いたタンブラーやパーカー。そしてチョコレートやクマ人形、マグネットや文房具などの定番も。何ともオシャレでかっこいいお土産が勢ぞろい。しかも絶対ここでしか買うことができないお土産です。今回のニューヨーク旅行で一番お金を使ってしまった場所です。

国連本部の重要会議場の見学は事前予約が必要です!

国連内部のニュースでよく見る国連総会の議場や、安全保障理事会の会議場を見たい場合は、事前に見学ツアーに予約しておく必要があります。ツアーの予約はネット予約が可能です。

ツアー予約ができる国連のホームページはこちら(英語サイトになります)

時間指定の1時間強のツアーでしたが、英語やスペイン語などの複数のツアーがあります。国連本部への入場には荷物検査などで30分はかかりますので、余裕をもってツアー待機所(本部入ってすぐにあります。)に行きましょう。ツアー参加シールを胸に張って国連の中枢まで遂に入ります!

安全保障理事会の会議場です。テレビでよく見る、よく西側と東側が喧嘩している会議場ですよね。拒否権を持っている大国がいつもいがみ合ってる光景をよく見る、良くも悪くも目立ってる安全保障理事会。あの喧嘩が行われている会場が目の前に・・・・。会議が行われている場合は写真を撮ったりすることはできないそうですが、でもあの喧嘩も見てみたかった・・・。

 途中、原爆の怖さを伝える展示コーナーがありました。国連見学ツアーに参加した場合、全員が見る場所です。国連が原爆をなくしたいと考えているのは良くわかりましたが、その中心となる国々だけが原爆を所持し、つくり、維持し、威嚇に使っていることは皮肉この上ない感じもします。この石造は日本での原爆投下の際に爆風と熱風を後ろから浴びたものなんだそうですよ。

これは国連の総会です。なんと、私たちのツアーは国連終了時間ギリギリだったようで入場を拒否されてしまいました。ツアーガイドさんが必死で警備スタッフを説得してくれたお蔭で1分程度だけ中に入ることができました。ニューヨークまで来て国連総会を見ることができないなんてさみしすぎるので、ギリギリでも見ることができて良かった!やっぱり大きい会議場ですね!みんな議長席近くに詰め寄ってディスカッションしていました。

ツアーは1時間ほどで終了し解散。私たちは16時45分スタートのツアーで、終わったのが18時10分位でした。国連は時間ピッタリに業務終了するそうです。

びっくりしたのが、帰りの18時にお土産屋さんが閉まってました・・・・。私たちは買い損ねて、後日改めて国連に買い物しに来ましたが・・・。18時にお土産屋さんはしまっちゃうので気を付けてくださいね。

私たちは行きませんでしたが、どうやら国連本部内には観光客が利用できる穴場レストランもあるそうです。ニューヨーク観光の際に、国連本部内にある一流レストランで食事なんて言うのもかっこいい気がしました!次考えてみよう!

いかがでしたか?ニューヨークに行ったら国連本部観光はお勧めですよ!ここでしか買うことができないお土産もあり、ニュースで何度も見る会議場があり。お土産に買って帰った配布用チョコレートは美味しくて大人気でしたよ。しかもみんな「国連に行ったの?」って話題になりますしね。

ぜひパスポート片手に突撃してみてください!