エジプト|カイロ|ハーンハリーリの老舗カフェ「エル・フィシャーウィ(EL FISHAWY)」

2018年10月16日

お土産バザールで有名なハーンハリーリの敷地内にある老舗カフェ。

アラブコーヒーやミントティー、そして水タバコなどで非常に有名。

エジプトのノーベル賞作家ナギーブ・マフフーズが通っていたことでも有名なんだそうです。

鏡のカフェと呼ばれるエル・フィシャーウィ

鏡のカフェの名の通り、店内は鏡だらけ。

観光客だけでなく、地元客も多くきていました。

上写真は店舗内。

 

オープンデッキ席もあります。

細い路地の中なので直射日光も当たらず、気持ちよく風がふいてて、外の席もおススメですよ。

色んな物売りが次々に来るので、面倒ですが、それもまた一興。

 

ミントティーを注文しました

ミントティーは、コップに山盛りのミントが入った状態で出てきました。

綺麗な使い古した青いお茶器には、3杯分くらいの美味しい紅茶が入ってます。

 

ゆっくり紅茶をミントにかけて、ミントの香りを紅茶に加えます。

 

ミントの香りが強くついているのに、苦味は無く、本当に爽やか。

こちらのカフェに来る前に、ファラハトでハト料理をお腹いっぱい食べてきていて、口の中はスパイシーになっていたのですが、一気に爽快!

暑い中で熱い紅茶が美味しい・・・・。

 

 

地元の方には水タバコが人気らしい

エジプトの地元の方達は水タバコを盛んに吸ってました。

私はあまりタバコ自体が好きじゃないので、水タバコには興味がないのですが、隣で吸っている方の匂いが漂ってきたのですが、結構ハーブ的ないい香りがしてたんですよね。

今度アラブに行くときにチャレンジしてみようかな・・・

 

このカフェには秘密の部屋が!

こちらのカフェには、ファルーク王やノーベル賞作家ナギーブ・マフフーズが利用した部屋があります。

何も知らずにお支払をした際に店員さんから「おつりが無いから、その代りに秘密の部屋を見せてあげるよ」と、軽くおつりをくすねた代わりに見せてくれました。

コラコラ。面倒くさい!

 

そんな感じの、かしこまってない気楽にお茶が飲めるいいお店ですよ。