フィリピン|セブ|本当に危険地帯なの?セブ島最大のローカルマーケット「カルボンマーケット」

2018年9月22日

セブ市南西部に位置するカルボンマーケットは100年以上の歴史を誇る超老舗ローカルマーケット。

その昔、この位置に石炭(Carbon)が荷揚げされていたことからこの名前になったとか。

「ローカルマーケットを見ればその都市の文化を理解できる!」ということで、訪問してきました。

 

事前情報「超危険!治安が悪い!」のオンパレード

事前情報では、ストリートチルドレンが多いとか、カメラ奪われたとか、銃を見たとか、治安の悪さを注意する情報のオンパレード。

有名観光地のサン・ペドロ要塞やサントニーニョ教会と同じダウンタウンエリアにもかかわらず、地元をよく知ったガイドと一緒に行くべき等、一級の注意を求めています。

今回、私達も一眼レフを持っていくのはやめようかな・・・とか、行くのはやめようかな・・・などと、かなり躊躇。

 

ただ、利用したタクシー運転手さんが、「ドゥテルテ大統領になって、カルボンマーケットの治安はすごくよくなった!」とのコメントを信じて訪問してみることにしました。

 

ただし、ちょっと治安面に配慮し、あえて観光客が少ない早朝に訪問。

日の出(6時頃)の30分くらい前で、まだちょっと薄暗い時間帯にマーケットに到着しました。

まだ薄暗いけど、セブ島全土から届けられた野菜やお花等が、どんどん運び込まれていました。

輸送担当の方達は、お店の設置が終了したら荷台の上でみんなゴロ寝。その風景も独特でした。朝からご苦労様です!

 

治安関では、それほど心配なさそうに感じます。

もちろん、貧富の差が激しいフィリピンですから、ストリートチルドレンたちは見かけました。

物欲しそうについて来た1人にはホテルで貰ったリンゴをプレゼントしたら、「サンキュー」と言って笑顔で去っていきました。

スリなどはいそうな気配でしたが、暴力的な雰囲気はありませんでしたよ。

ドゥテルテ大統領の「麻薬をやってそうな奴は即射殺」という異常なほどの超強硬姿勢のお蔭で、怪しい人たちはもっともっと裏の世界に隠れて行ってるんだそうです。

フィリピン程の混沌状態になってしまうと、そこまでの強硬手段をとらないと何も変わらないのかもしれません・・・。

いろいろ考えさせられます。

 

ところどころ、街角にはショットガンを持った警察が目を光らせてくれていました。

いま、カルボンマーケットは安全と言ってもいいのかもしれません(もちろん軽犯罪には気を付けてくださいね)

 

ただ、野菜やお肉、魚などの生鮮食品から衣料品、オモチャまでそろう巨大マーケット。

賑わいは相当で、アジアローカルマーケットの熱気はさすがです。

 

毎日同じ場所にお店を開くんだと思いますが、いろいろ入り混じっていて大変!

めちゃくちゃ広くて、ゆっくり見て回ると1時間以上かかると思いますよ。

ゆっくりテキパキ歩けば30分位で見学終了!

 

 

 

日本人は警備員からも結構信頼されてます。

フィリピンの皆さんの性格は「ご陽気」。

スペインのような明るい気質。

「写真撮っていいですか?」なんて質問すると、ピースサインをしてくれたり、ポーズを決めてくれたり!

 

 

安さ炸裂!超ディスカウントマーケット!

特に買い物はしませんでしたが、Tシャツなんかは、すごく安い。

値切ればどこまで安くなるんだろう・・・

食べ物から生活用品まで何でも扱うマーケットですが、ただでさえ物価の安いフィリピンの中でもダントツ安い。

フルーツなんかだと、日本価格の20分の1以下の雰囲気です。

マンゴーなんて、1kg100円位の値段で売ってます。

アジアのマーケットには、宗教的な目的ももちろんあるんでしょうけど、花が多くて良いですよね。

 

きっと、治安が良くなって、もっと観光客が増えてきたら、もっともっと豊かになって。

そうすると、この明るい国民性がはじけて、もっともっと元気な国になるんでしょうね。

応援したくなります。

明るくなってきて、まだまだ人は集まってきています。

セブは、東南アジアの中でも有数の大都会であるとともに、貧富の差の大きさもものすごい・・・

高級車が走っている横では裸足で歩いている子供たちも。

 

そしてちょっと前までは、毎日殺人事件が発生している治安の悪い国のイメージだったフィリピン。

ただ、今ドゥテルテ政策により、一気に治安が改善してきて閉塞感が薄れ、ひょっとすると国全体が変化するかもという兆候を感じました。

 

ローカルマーケットを見るとその土地が分かると言いますが、カルボンマーケットを見る事でフィリピン全体の変化の兆候が見えました!

ぜひ皆さんも、スリに気を付けながらカルボンマーケットを訪問し、楽しんでください!

セブの景気を良くしましょう!

 

次回訪問するときには、巨大で綺麗なマーケットになっていたりして。

(2018年7月22日訪問)