日本|香川|見た人は健康で長生きできてお金に困らない寛永通宝「銭型砂絵」

香川県に巨大な古銭の砂絵「寛永通宝の銭型砂絵」があることをご存知ですか?

1633年、地元領民が藩主生駒の殿様を喜ばせようと一夜で作り上げたと言われているそうです。

砂浜に描かれた100mを越える砂絵

琴弾公園にある銭型砂絵ですが、山頂展望台から綺麗に見えるように作られています。

円形に見えるように、東西に長く、南北に短い楕円形になっているそうで、東西122m、南北90m、円周345mだそうです。

年に2回、地元のボランティアで造りなおされているそうです。

 

この銭型砂絵を見ると、長生きできて、お金に困らないなんて言われています。

昔は松林に囲まれていたのかどうかは知りませんが、砂の白、海の青、松林の緑。

このコントラストがきれいですね。

 

近くに行ってみたらどんなに大きい物なのかと興味が出て、砂絵近くまで行ってみました。

ご覧のとおり、全然、砂絵に見えませんねぇ。

凄い広さです。毎年書き直すのも大変でしょうねぇ。

地元の皆様の努力もすごいんだろうなぁ。

 

象ヶ鼻岩銭型展望台の地図

銭型展望台に向かう山道は、非常に細い道ですが、展望台には小さいながらも駐車場は整備されていますので、歩いていくよりは車をおススメします!