スペイン|バルセロナ|市民の胃袋を支える人気の市場「サン・ジュセップ市場」

ランブラス通りに面するバルセロナで最大規模の市場。

地元ではボケリアの愛称で呼ばれる地元民の胃袋を支える市場です。

朝8時過ぎの早い時間に訪れたところ、ちょうどオープン準備中の雰囲気。

いくつかの店舗はもうしっかりと営業をしていました。

 

でもさすが芸術の街バルセロナの市場。

至る所にお洒落な絵もかざられている綺麗な市場です。

 

飾り方、展示方法、どれを見ても凄いテクニカルです。

ついつい購入したくなってしまう綺麗な展示。

素晴らしい!

 

お菓子、チョコレートも市場の方の手にかかれば、こんなにカラフルにカッコよくなります。

チョコレートは量り売りなんですかね。

 

たった1.5ユーロで、こんなにジューシーで甘い果物を食べることもできます。

観光客がターゲットになりつつある観光マーケットですが、値段はかなり良心的なんじゃないでしょうか。

 

とは言え、観光客が買わなそうな、見事な海鮮!

ロブスターやカニもズラリ。

美味しそうですね。

 

実は今回のターゲットだった生ハム屋さん。

市場の奥の方に位置する生ハム専門店。

店名は「JJ」と言うのでしょうか。

 

 

こちらのお店の良いところは、目の前で薄く切り分けてくれること!

店先に並んでいるブタ足ハム。

豚の種類等によって値段が異なります。

せっかくなので、イベリコ豚の生ハムを注文します。

見事に薄く切ってくれます。

 

g換算で売ってくれます。

しっかりと図ったうえで、綺麗に美味しそうに盛り付けてくれます。

 

いかがですかこのボリューム!

食べてみてビックリ・・・やっぱりレストランの中より美味しい!!

結構生ハムって塩気が多い気がするんですが、パクパクあっという間に食べてしまいました。

 

買い物だけでなく、食べるスペースなんかも複数ありました。

時間があれば、昼食を食べるなどもうちょっとゆっくりしたかった!

 

市場の中は、いい香りが漂っていて、他の市場のような客引きは少なく、そして値段は良心的!!美味しくて安くて、気軽に訪問できて、本当におススメですよ!