日本|三重|格安マグロを食べよう!食品加工ダイエンフーズ直営の「まぐろレストラン」

2018年6月4日

四日市市の大工場地帯の中にポツンとたたずむ鄙びた食堂型レストラン。

その昔、まぐろ遠洋漁業の基地として栄えていたころに船員専用のレストランとして誕生した「まぐろレストラン」。

今もそのノスタルジックな雰囲気のまま、ハラペコな人たちに圧倒的な支持を得ているお店です。

 

格安マグロが食べられる四日市工業地帯の食堂レストラン!

四日市と言えば、四日市喘息で有名になってしまった日本有数の工業地帯。

空気が綺麗になった今では、その巨大な工場地帯の宇宙的景色がマニアに人気になっています。

そんな工業地帯の真ん中に位置する「まぐろレストラン」は格安マグロで有名。

東海エリアの小売企業バローホールディングに所属する食品加工業ダイエンフーズ直営の食堂レストランです。

店舗情報

  • 住所:三重県四日市市富双二丁目1番地の2
  • 電話番号:059-365-6064
  • 営業時間:10:00~20:00(L.O.19:30)
  • 定休日:無休(12/31午後~1/3を除く)

 

三重県有数の人気店「まぐろレストラン」日曜日のお昼に訪問で10分位の待ち時間

その昔、まぐろ遠洋漁業の基地だった四日市港。

漁船の船員たち専用の食堂としてスタートしたこの食堂は、そのコストパフォーマンスで人気になり、工業地帯にやってくるトラック運転手の皆様に大人気に!

今では家族連れのお客さんもたくさん訪れる三重県有数の人気店です。

土曜日昼に訪問した今回は、20人以上並んでいたと思いますが、すごい回転が速くて10分位の待ち時間でした。

 

さすが食品加工メーカーの直営!種類が多い!

この食堂を運営するダイエンフーズは食品加工業。

その直営店なので、海鮮の種類がたくさん。

並んでいる間にみんな注文メニューを考えています。

 

まずは受付で注文。

チケット自販機ではなく、会話で注文するスタイル。

ビールなんかも売ってましたよ。

 

購入したチケットをレストラン内の窓口に提出。番号で呼ばれるまで待つスタイル。

 

チケットを提出したら、ものすごいテキパキと準備されていきます。

自分の番号が呼ばれるまでは、待ってるだけじゃなくて、いろいろすることがありますよ!

 

レストラン内には、こんな感じで一品料理もたくさんありました。

まぐろ盛り合わせなんかもあって。

かなり安いので、運転が無いならば絶対ビールとマグロで1日が終わってしまう・・・・・

 

ダイエンフーズ直営の食堂!

一体何席あるんだろう?めちゃくちゃ広い空間。

みんな料理が出てくるまでに席取りをしています。

いかがですかこの食堂的雰囲気。学生時代に戻ったような気がしませんか?この雰囲気がまたいいですね。

 

そして沢庵も食べ放題。取り放題。

お箸なんかも準備。

 

出た!格安マグロ丼!味噌汁もついてこの値段!

出た!格安マグロ丼!

本日の限定どんぶりの「本まぐろ中トロ丼!」

なんとこれだけまぐろが乗っかって1580円なり!味噌汁もついてます!

多分冷凍マグロだけど旨い!たっぷり!かなりお腹いっぱいに。

 

こっちは北海親子丼!1000円なり!

この値段でこのクオリティーなら納得。

もう単純に腹いっぱい。大満足です!

 

 

めちゃくちゃ最高に新鮮!っていうよりは、この安さでこの味この量!に驚き。

また、この鄙びた雰囲気が、なんか楽しくてテンションがあがります。

腹いっぱい美味しく魚が食べたい人に超おススメのお店です。

 

今、建物が古くなってきたので、大型改装をしようとしているそうです。

でも、できればこの鄙びた雰囲気、他のレストランに無いこの楽しいオーラを残してほしい。

綺麗なレストランになっちゃったら、普通レストラン化してしまうことが心配。

このお店には、味と値段以上の何かがある気がしました!