中国|香港|風水でも重要!カラフルお魚天国「金魚街」

2018年9月22日

香港に金魚街やフラワー・マーケット花墟道、バード・ガーデン雀鳥花園という面白い名物ストリートがあることをご存知でしょうか?インスタグラムはやってませんが、インスタ映えすると噂の金魚街を訪問してみました。

様々な観賞魚やその用具が販売されている金魚街

名前は金魚街ですが、金魚以外にも、様々な熱帯魚や、水生生物が扱われています。その種類はホームセンタ―とは一味違います。

100円ショップで扱われてそうなものも含めて、山ほどアクアリウム関係の品々も。

その道の卸さんが集まっているんでしょうね。

青々とした水草もたくさん綺麗に陳列されていました。香港に住んでたら絶対毎週通いそうな面白ストリート。

でもやっぱり目を引くのが、この魚の展示方法。

小さな袋に小分けされて壁につるされているんです。

非常に見やすいんですが、縁日で金魚すくいで手に入れたような感じですね。

 

たくさんの愛好者たちが厳しい目つきで魚たちを眺めています。

香港では風水的な意味も込めて金魚などのカラフルな魚を飼育する人たちが多いらしい。

魚の色や大きさなんかも、きっと大切なんでしょうね。

 

なんとビニールの中には真赤なザリガニもいました!

破れたりしないのかな?

 

さすがに日本まで持ち帰ることはできないので写真撮影だけでした。

お店の人にとっては、邪魔しちゃったかな?とも思いますので、他のお客様の邪魔にならない用に、見学してくださいね。