ベトナム|ホーチミン|コロニアル建築④改修中のサイゴン大教会

2018年9月22日

2018年1月3日(水)早朝。サイゴン大教会(サイゴン大聖堂)を訪問。残念ながら改修中の為、中には立ち入れないようになっていました。

レンガ造りの巨大な教会

サイゴンがフランスの植民地だった1880年頃に完成。100年以上の歴史がある建築物です。この地盤が弱そうなジャングル内の街で、こんな巨大な石の建築物を維持するのは大変でしょうね。ということで、残念ながら2018年年始は盛大に補修工事中。教会左右に巨大な足場が組まれていて、建物内には入れない状況でした。

 

と言うことで情報提供。信仰を大切にしている教会のようで、入場の際には肌の露出が多い物や携帯電話の利用は禁止されているようでした。暑い街だから肌の露出には気を付けないといけないですね。

 

フランス語?ベトナム語?の為、読むことはできませんが、見学できる時間が記載されているようですね。だとすれば早朝5時30分から見学ができるようですね。弾丸ツアー向けの早朝観光が可能な場所のようです。

 

足場をちょこっと削るように写真を撮れば、綺麗に撮影できました。ここまで大きなキリスト教教会は日本ではなかなか見ることができません。また工事が終わったころに見学に来たいものです。