ベトナム|ホーチミン|安くて美味しい!おすすめグルメ7選!

2018年9月22日

ベトナムと言えば料理が美味しい国!。もともと物価は非常に安い国なので、安くて美味しい料理をたくさん食べるために訪れる人も多いはず!。今回は、私達が2018年始に訪問したお店をおススメしたいと思います。

おススメグルメ①まずはフォー!「Pho Hoa Pasteur」

ベトナム料理で一番最初に「フォー」を思いつく人も多いのではないでしょうか。米粉麺を鶏や牛でとった出汁スープで頂くこの麺料理を大好きな日本人は多いはず。歴史が長いメニューかと思いきや、意外にも20世紀頃のフランス統治時代にベトナム北部地域(ハノイなど)で食べ始められた料理なんだそうです。

ベトナム戦争がはじまり、ベトナムから世界中に難民が流出し、そのベトナム出身難民が世界中に「フォー」を伝えたため有名になったんだそうです。

今回訪問したPho Hoa Pasteurさんは、ホーチミンで一番人気と言われるお店です。

ベトナムの人にとって、フォーと言えばベトナム北部の料理。ベトナム北部の方が美味しいなんて言われています。ただ、この店は別で、地元の人がひっきりなしに訪れる美味しいフォーが食べられるお店なんです。早朝6時に訪れましたが既に営業中でした。(2018年1月2日(火))

ベトナムの人にとってフォーは外食メニューなんだそうで、家ではあまり食べないんだそうです。日本人にとっての日本蕎麦と同じような感じなんですかね。

 

こちらのお店の一番人気は「Pho Chin(よく火を通した牛肉のフォー)」、二番人気は「Pho Ga(鶏肉入りのフォー)」だそうです。注文は壁に貼られたメニュ―を指さしでできました。

写真をご覧になっていただいて分かる通り、フォー以外にもたくさん卓上に準備されています。香草、切った唐辛子、ライム、茹でモヤシ、揚げパンなど。ベトナムの南部エリアでは調味料の魚醤やソースが置かれているお店もあるそうです。

ちなみにこのお店では、上記種類の中では揚げパンだけが有料。その他は全部無料で食べ放題です。揚げパンも25円(5,000ドン)と格安。スープに浸して食べると美味しいですよ!

私達は茹でモヤシをたくさん入れちゃいましたが、香草やライムもインパクトがあって好きな人は好きかも。

 

上写真は一番人気の牛肉のフォーを頂いているところですが、お箸とスプーンを使っていただきます。ベトナムでは、器に口を付けてスープを飲むことは下品とされているので、スープはスプーンを使って飲みましょう。

また、もう一つ重要なポイントは、お箸やスプーン、取り皿などは、しっかりと拭いてから利用したほうが良いと言う事。食中毒対策には必須です。一見綺麗に見えますが、しっかりと洗っていません。ベトナム現地の人も拭いてから使うことが常識ですから、遠慮せずに拭きましょう。

ちなみにホーチミンでは、机に置かれたお手拭は有料ですのでご注意を!

 

今回お邪魔したフォーの名店「Pho Hoa Paster」の詳細は下記ブログへ!

 

 

 

おススメグルメ②新発見バインセオ!ベトナム風お好み焼き

今回生まれた初めて食べたバインセオ。これめちゃくちゃ美味しい!このバインセオはベトナム南部でよく食べられる料理で、ハノイなどの北部ではあまり見かけません。

米粉とココナッツミルクをベースにした生地が薄くカリッと焼きあげられていて、その生地でモヤシやキノコ、豚肉などを挟んで蒸し焼きにして、最後再びカリッと強火で焼き上げた料理。

焼きあがった物をちぎって、レタスやサニーレタスなどの大型の葉で包んで、魚醤や酢が入ったソースに付けていただきます。これが驚くほど美味しい・・・。

写真下のお好み焼きのような料理が、思ったよりサクッとしてて。確かにこのままお好み焼きソースをかければベトナム風お好み焼きだと思うんですが、サニーレタスで包んで食べるため生野菜感が出てきて、ベトナムらしく感じます。

香草の味なんか追加されて、すごく体にいいような気がするというか、こんなに美味しいのにいくら食べても野菜不足にはならないような気がします!ぜひベトナム南部を旅行するならバインセオがおススメです。

 

今回バインセオを頂いたベトナム料理2店舗は下ブログから!

 

 

 

おススメグルメ③生春巻きに揚げ春巻き

春巻きは、もともとは中華料理の点心の一つですが、ベトナムで独自の発展を遂げ、今ではベトナム料理の代表的な料理の一つ。春の野菜を中心に巻いて食べていたことから、春巻き(スプリングロール)という名前がついたんだそうです。

生春巻きの方が日本では有名ですが、ベトナム本土では揚げ春巻きの方がよく食されるそうです。ベトナムの春巻きは中国や他国に比べて薄いライスペーパーが使われていて、魚醤や酢でできたソースに付けて食べるのも特徴。

やっぱり生春巻きって写真映えしますよね。ベトナム料理と言えばやはり生春巻きなのかも。ライスペーパーの中には、香草やエビなどが入っていて、ライスペーパーもシットリやわらか。真ん中から飛び出たニンニクの芽がお洒落ですよね。

海老のプリプリ感がすごく美味しくて、でも噛み続けているとニンニクパワーを感じます。

揚げ春巻きも美味しいんですよ。カリッ、サクッと揚げられていて、これを大型の葉っぱでくるんでソースを付けていただきます。地元の方が生春巻きより揚げ春巻きを好む理由は、きっと生野菜をたくさん食べる文化の中で、このジャンクっぽさが気に入られたんじゃないでしょうか。これまた美味しい!

 

今回、春巻きを頂いたベトナム料理2店舗は下ブログから!

 

 

 

おススメグルメ④見た目にも豪華!チャーハンの蓮の葉包み

ベトナムではどちらかと言えば高級料理の一つである「チャーハンの蓮の葉包み」。蓮の実が入った炒飯を蓮の葉でつつんでさらに蒸しあげる料理で、もちもちした食感の蓮の実チャーハンが美味しい!蓮の葉チャーハンとか、蓮の実チャーハンとも呼ばれたりしています。

こんなオシャレな姿で登場するチャーハン蓮の葉包み。パラパラにつくられた蓮の実が入ったチャーハンを、蓮の葉っぱの中で蒸しあげるんだそうで、結果、ホクホクの柔らかチャーハンになってます。

 

花開くように葉っぱを開くとチャーハンが登場です。これが美味しいんですよ。インスタ映えもして、チャーハンだから味に外れは無し。おススメです!

今回、チャーハン蓮の葉包みを頂いたお店は下ブログから!

 

 

 

おススメグルメ⑤エビの塩焼き

メコン川河口などでエビ漁、エビ養殖が盛んなベトナム。なんと世界第四位のエビ漁が盛んな場所。何と日本で食べられている海老の約20%がベトナムから輸入されたものになるそうです。

海鮮は新鮮さが重要!やっぱり日本が良いと思ってる皆様。実はその海老はベトナムから輸入されたものかもしれませんよ!

本当はもうちょっと大きめの手長海老を食べようかとも思ったのですが、地元の方いわく、ちょっと値段が高いからね・・・との事。ちょっとケチって普通のエビ塩焼きを注文。ちょっと小ぶりですが、値段が安い。殻をむいて食べるとプリッと美味しい。しっかり火が通っているので安心だし、何と言っても生臭さは全くない。食べて満足だったので、今回おススメに加えてみました。

今回、海老の塩焼きを頂いたお店は下ブログから!

 

 

 

おススメグルメ⑥コスパ最高の柔らかビーフステーキ

別にベトナムで牛の飼育が盛んとか、松坂牛のような高級ブランド牛がいるわけでもありませんが、朝食からビーフステーキを食べるほどビフテキ好きな国民性なんです!

 

私達はHai Con Boさんというビフテキ屋チェーンさんにお邪魔しましたが、上記豪華セットで350円程。これでもホーチミンでは高めの価格設定らしい。コストパフォーマンス凄すぎでしょう。

100gのアメリカ牛のステーキに目玉焼き。そしてサラダにフライドポテトに最後はフランスパンまで。(このフランスパンが美味しいんですよ・・・さすがフランス植民地だった場所。日本で食べるよりもサクッと軽くて素晴らしい!お代わりOKでした)

 

こっちはとろけるチーズがのっけたステーキセット。フランスパンでステーキソースをふき取るようにして食べたり、卵の黄身を付けた食べたり。決して上品に食べる必要が無いのもベトナムビフテキのおススメなところです!

今回、ベトナムビフテキ(ビーフステーキ)を頂いたお店は下ブログから!

 

 

 

おススメグルメ⑦カラメルソースたっぷりのバインフラン

バインフラン(Banh Flan)は日本でいうカスタードプリン。私のイメージで行くと、高速道路のサービスエリアとかで販売されている神戸プリンのような、ちょっと高級な感じのプリンの味です。

バインフランは、基本的には砂糖や牛乳を使わずにつくられているようで、卵と練乳と水で作ったプリンにカラメルソースをたくさんかけるんです。だからなんか味が濃く感じました。

今回、バインフランを頂いたお店は下ブログから!

 

 

 

いかがですか?これだけ見たら、ホーチミンにグルメ旅行をしたくなりませんか?他にもキムタインのヨーグルトや、もちろんハノイでも食べたバインミー。そしてちょっとお金を出してフランス料理のコースも素晴らしいそうですよ。