ベトナム|ホーチミン|コロニアル建築①人民委員会庁舎の夜景

2018年9月22日

ホーチミンは1900年初頭のフランス植民地時代の名残を強く残した街で、いわゆるフレンチコロニアル(フランス植民地)建築と呼ばれるヨーロッパ風の歴史ある建物が多く残されています。

フレンチコロニアル建築の代表格「人民委員会庁舎」を紹介します。

 

建物内は見学できないがライトアップが美しい

グエンフエ通りの真正面に位置する人民委員会庁舎。たくさんの人で賑わうグエンフエ通りに挟まれた公園のど真ん前で光り輝いています。

人民委員会庁舎の前にはベトナムの英雄「ホー・チ・ミン」さんの銅像が建っています。あまり高層建築が無く、派手なライトアップは存在しないホーチミン市では、おそらくこのグエンフエ通りからみた人民委員会庁舎ライトアップが一番賑わっているライトアップなんじゃないでしょうか。

近代ベトナムに置いてホー・チ・ミンさんと言えば独立の父。愛されてるんでしょうね。本名はグエン・タト・タインと言うそうですが、胡志明ホーチミン(「志がはっきりしている外国人」という意味)という中国名の方が有名。

フランス植民地時代のベトナムで生まれ、いろんな苦労を重ねながらフランス留学や、船員として働きながらアフリカやアメリカを見て回り、次第に共産主義に傾倒していったそうです。ベトナム革命を推し進めてベトナム建国を達成した革命家としてベトナムの皆様に愛されているんですね。

ホーおじさんなんていう愛称がついている当たりが、毛おじさん(毛沢東)と同じような、共産主義国家独特の作られた雰囲気もにおいますけどね。

 

目の前の広いグエンフエ通りは毎晩大盛り上がり

グエンフエ通りに挟まれたこの公園では、毎晩たくさんの人たちが集まってます。観光客目当てのお土産屋さんも少しいたり、路上で楽器を弾いている人もいたりして賑やかです。

 

定期的に噴水がふきあがったりして、ライトアップもされていてデートスポットにもなってる感じでした。夜になると大分涼しくなってくるので、ぜひ涼みに散歩してみてもいいのではないでしょうか!