日本|兵庫|玄武岩で出来た奇勝「玄武洞」

2018年6月4日

兵庫県の日本海側山奥に珍しい景色を見ることができる場所があります。その名は「玄武洞」。江戸時代までは採石場として賑わっていたこの洞窟は、亀甲状の石柱が並ぶ奇勝で天然記念物に指定されています。

石柱の並ぶ姿が美しい

その昔は採石場として賑わっていた玄武洞。今でもたくさん良い石がとれそう!

このような綺麗にカニカマのように割れて並んだ岩を「節理」と言うそうで、ドロドロのマグマが固まった瞬間に冷えて縮んでヒビが入り、カニカマ状の節理になるんだそうです。断層のようにズレて割れたのではないので、綺麗に沢山整列しているのが特徴。日本全国、マグマがかたまってできた場所には節理が存在していますが、ここまで大きく見事に見ることができるのはなかなかありません。

 

まずは一番大きな玄武洞

玄武洞公園には4つの大きな見所があり、その中で最大規模なのが玄武洞です。節理の向きがそれぞれ異なっていて不思議ですよね。どんな順序でマグマが固まったんでしょうか。この節理の向きを調べると、わずかに磁気の向きがあるそうで、京都大学の頭のいい教授が、この玄武洞の岩の磁気の向きを調べたことによって、地球の磁気が逆転する現象があるということが判明したそうです。なんと太古の昔には、北と南が逆転、S極、N極が逆だったこともあるらしい・・・不思議ですね。

 

節理が美しく見える青龍洞

二つ目の見所は青龍洞です。きっとマグマが上に向かって吸い上げられたのかな?その瞬間に固まったのかな?今でもマグマの見事な流れが見えるような節理。青龍洞はすごく美しい!

 

節理の断面が良く見える白虎洞

亀の甲羅のような節理の断面が多く見える百個洞。以前、久米島のはての浜近くでもこのような亀の甲羅のような岩を見ましたが、同じような原理で生まれた大地なんでしょうか。

 

一番小さな北朱雀門

ちょっと他の3つに比べると少し規模は小さくなりますが、見事な節理が見えますね。

いかがでしたか。玄武洞をはじめとする様々な節理が見える奇勝。この玄武洞で見つかった「地磁気逆転」、更には、ここで見つかった石が玄武岩と名付けられたり。

きっとタモリさんに興味を持ってもらえる、地質学的に面白い場所ですので、ぜひご覧ください!