中国|上海|上海野生動物園の行き方(地下鉄とバス利用)

2018年9月22日

上海野生動物園へは、新しい地下鉄の延長があり、公共機関を使って訪問しやすくなりました。今回は「地下鉄と公共バスを利用した上海動物園への行き方」を紹介したいと思います。

 

まずは地下鉄16号線で「上海動物園駅」まで!

最近開通したばかりの新しい路線「地下鉄16号線」に上海野生動物園駅ができました。

おそらく、普通に行ってみれば、それほど切符を購入するのは困らないはず。カード型の切符です。

 

上画像は2017年現在の上海の地下鉄路線図です。「上海野生動物園駅」は画像右下エリアの水色の路線にあります。

 

大体、外灘エリアから1時間強で上海野生動物園駅に到着。それほど大きい駅ではありません。

 

地下鉄駅2番出口にバス停があります。

上海野生動物園行きのバスが停車するバス停は、駅の2番出口をでてすぐにあります。

 

上海野生動物園行のバスに乗る人が多いからだと思いますが、こんな分かりやすい状況。

 

惠南6号路線バスで2バス停で到着

バス乗り場には、上記張り紙がありました。適当に日本語訳すると・・・・

「上海野生動物園行のバスは「惠南6路」と言う路線で2個目のバス停。1人1元で、20分程で到着しますよ!」

バス停に確かに惠南6路のバス停を見ると、確かに2つ目のバス停に上海野生動物園があります。惠南6路のバスを待つこと10分程でやってきました。

 

綺麗なバスで、分かりやすく前上に「惠南6路」と書いてあります。バスは乗るときにお金支払。1元片手に乗り込み、運転席横の支払い口に投入すればOK!

 

バス中はこんな感じ。多くの乗客が上海野生動物園が目当てのようです。朝8時頃でしたが、結構満席状況。

実際に20分もせずにすぐに到着しました。みんな一斉に降りる上、社外を眺めていると上写真のようなモニュメントがすぐ近くに見えるので、降り間違えることはなさそう。とりあえず、上海野生動物園駅からは2個目のバス停です。

 

帰りは同じ路線で帰宅することができます。

帰りも同じ「惠南6路」。同じく2つ目のバス停で下車すれば大丈夫。1元片手に乗り込んで、運転席横のボックスに投入です!夕方にもなれば帰りのバスは激混みで、全員が一気に乗ることができない状況。順番なんて関係がない土地柄なので、列を関係なしに、バスが近づいたら可能な限り前に陣取り、頑張って乗り込んでください!