中国|上海|上海ディズニーランドで夜のイグナイトショーを特等席で楽しむ方法

2018年9月22日

2016年6月オープンの上海ディズニーランド

日本から2~3時間のフライトで到着できる上海とはいえ、せっかくディズニーに来たのですから短期間でたくさん楽しみたい。そんな時におススメなのが、イグナイト鑑賞券です。

1人200元(約3,500円)でキャッスル前の特別鑑賞エリアに入ることができます。

これがあればショーの前に場所取りをする必要もなくなり、時間に余裕ができるのでギリギリまでアトラクションや他のショーを楽しむことができます。

こちらの鑑賞券が手に入るのはロイヤルバンケットホールで食事をした場合のみというのがポイントです。(2017年11月時点)ということでロイヤルバンケットホールの予約を取ろうと思ったのですが、直接予約は電話で中国語と英語のみ。1週間前にパークの入場チケットがとれていてJCBカードを持っていればJCBを通じて予約できるのですが、いつも計画が直前のてつちぴ。1週間以上前でないと予約不可とのことでした。さて、英語ではちょっと不安、予約は確実にしたいという方にお勧めの予約方法がこちらです。

今回私達は、HISさんの「上海ディズニーリゾート キャラクターダイニング予約代行 (ロイヤルバンケットホール)」にお世話になりました。ロイヤルバンケットホールはランチも時間制限(90分)がありますので、時間もちゃんと予約がおすすめです。ドキドキしながら待つこと2日間。予約が取れましたとのメールと予約チケットがメールで到着してホッと安心です。さすがHIS。

↓おススメHIS

さて、送られてきた予約チケットを印刷して指定された時間である11:30にロイヤルバンケットホールに向かいます。キャッスルの1階にあります。

受付をするとすぐにお姫様と写真撮影。ピンクのドレスを着たお姫様でしたが、めっちゃ英語で話しかけられました。「あの方はあなたのプリンス?お城にはもう行った?素晴らしいところなのよ」とまるで魔法にかけられてのお姫様が本当に出てきた感じです。フォトパスというQRコードを読み取ると写真を後ほど見ることができます。

写真を撮ったら2階へと案内されます。こちらで予約席に案内されます。

席に着いてから注文します。

前菜、主食、デザートがそれぞれ6種類ずつあり、前菜と主食の2つから選ぶ場合には大人298元。子供218元です。前菜、主食、デザートをそれぞれ選ぶ場合には大人368元、子供258元です。

こちらのメニューからそれぞれ食べたいものを選びます。コースですが、それぞれ選べるのが嬉しいところです。角煮やカニスープなど上海メニューも充実しています。本日はデザートまで3つ選択です。

こちらは前菜です。

 

続いてメイン料理。

 

今回誕生日でしたので、そのことを伝えるとみんなでハッピーバースデーを合唱してくれました。おめでとう!

料理は値段と比例してといいますか、安定の味でどれも美味しかったですよ。

さて、こちらがイグナイトの鑑賞チケットの紹介文です。ロイヤルレストランで食事をした場合のみセットアップすることができます。こちらで食事をされている方のほとんどがこちらのチケット狙いのようでした。

ここで購入希望を伝えてミニーとミッキーのポップコーンをおみやげにいただきました。1人200元で食事の会計と一緒にお支払いということになります。

ちなみに食事中はミッキーやミニーといったキャラクターが食事中に来てくれるというのも特典です。スタッフも一緒ですから、思う存分写真を撮ってもらったり、サイン帳にサインしてもらったり、ハグしてもらったりと楽しめますよ。

支払いの時にレシートに集合時間を書かれます。本日は午後8時からのイグナイトショーで、午後7:15に再度こちらのレストランに来るようにと伝えられます。午後4時頃からショーのための場所取りが始まり、ファストパスのないアトラクションは80分以上から一気に10~15分へと短くなりますので、夕方からすっかり暗くなる午後7時まで時間を気にせずにアトラクションが楽しめるのは貴重です。

 

人数がある程度揃った7時半頃、スタッフの後について特別鑑賞エリアまで向かいます。場所取りをしている人たちの横を通り過ぎ、特別鑑賞エリアに到着です。スタッフが奥に見えます。見ていただくと分かるように、街灯や木などがありキャッスルでのイグナイトショーが障害物なく見える場所をとるのはけっこう大変なのです。さてここからはイグナイトショーのプロジェクションマッピングをご覧ください。

 

障害物もなく目の前でプロジェクションマッピングと噴水が楽しめます。今回強風のため花火がなかったのですが、花火が上がるとさらに大迫力のショーになること間違いなしです。

上海ディズニーランドでは夜のイグナイトショーまで時間いっぱい楽しんで!

ちなみに一般的な食事は15元程度の上海グルメに比べてこちらのロイヤルバンケットはディズニーの中でもかなり高級。1人370元程度して飲み物(ビール)やサービス料を含むと1人500元(約9000円)程度します。

せっかく旅行するのですから、少しでも遊びに回すお金を増やしたい、節約したい、そう思い今回利用したのが、「外貨両替ドルユーロ」さん。宅配で外貨購入ができるシステムです。お得な外貨両替はこちら 。

今までは空港で両替したり、海外の銀行や街中の両替屋さんを使っていたのですが、夜中に到着する場合、空港の両替屋は締まっているのにタクシーを使って移動をせざるを得ない場合もあります。基本的にタクシーでの支払いは現金となりますし、大きな額だとお釣りがない場合も。電車も日本とは違い、使える紙幣が決まっている場合が多いです。中国では20元紙幣まででした。(カウンターでは両替できますがかなり並んでいます。)また、海外の銀行は待ち時間だけで1時間ほどしたり、パスポートを求められたりと手続きが多い。街中の両替屋さんは総じてレートはいいですが、手数料が高かったり、目の前で両替後に確認しないと金額が不足している場合もあります。

今回は夜発で深夜着なため、日本で両替をしていくことにしました。空港は一般的に高め。ということで幾つかの外貨両替サイトから「外貨両替ドルユーロ」さんを選んだ理由の1つ目は、とにかくレートがよいこと!18~19円/元が一般的なレートですが、こちらでは17.27円/元でした。キャンペーンもあってその時には特にお得なようです。ちなみに今回の空港のレートは19.37。同じ金額の両替するのですから得したいですよね。

2つ目は振込または代引き払いでその日には発送してくれるので、次の日には受け取れること。今回、週末旅行(仕事後に木曜日出発なので水曜日に受け取りたい)に向けて月曜日に注文と振込をしましたが、すぐに発送していただきました。申込時の時間指定はできませんが、郵便局の書留で追跡番号が「ドルユーロ」さんのメールで教えていただけるので、郵便局に連絡をすれば時間指定が可能です。

最後のおススメポイントは紙幣の小額紙幣を多めにして欲しいとの希望にも応えてくれる点です。このおかげで夜中に上海に到着しても両替を気にせずにタクシーも地下鉄が使えました。

もう1件気になっていたのがこちらの「外貨両替マネーバンク」です。



こちらも安い価格で販売してくれますが、手に入っていないときには入荷待ちとなります。

せっかく両替して海外に行くのであればレートが安い方が得するに決まっています。ぜひいいご旅行を・・・