日本|青森|津軽半島十三湖「しじみ亭奈良屋」でシジミ三昧!

2018年6月4日

津軽半島の北西部にある汽水湖「十三湖」はしじみの産地として非常に有名。宍道湖とならぶシジミ漁が盛んな場所です。酒のみの私達は、さっそく肝臓を整えるためにシジミ尽くし料理を頂きました!

十三湖は海水と淡水が混ざる汽水域。十三潟とも呼ばれています。この汽水域はシジミ生息に適しているらしい。

 

今回お邪魔したのは「しじみ亭奈良屋」さん。大きな駐車場、シジミの土産屋が完備されています。

これは私達が訪問した当時(2013年)のメニュー。今はチョコっと値上げしているようですが、変わらず今も、「しじみづくし」を食べることができます!

しじみづくしの内容は上記写真のようになっています。しじみ釜めしから、しじみチャウダーまで。シジミ料理の全種類?が揃っているんじゃないでしょうか!

 

さぁ料理が出てきました!メニューのほとんどすべてがシジミ関係の料理です。

メインのミニしじみラーメン。たっぷりのシジミの出汁が効いた塩ラーメン。

ミニしじみチャウダー。これもまた凄い出汁が効いて美味しい!

ミニしじみ汁。一番なじみの深いシジミ料理。酒を飲んでから食べたい!

ミニしじみ釜飯。

お豆腐にしじみ南蛮漬けのせ。もうここまでくれば、無理やりシジミ料理。

食べ終わった時には、器数杯分のシジミ殻の残骸が残ってました。気持ち肝臓が調子よくなったような・・・・。是非酒飲みの皆様が青森を訪問した際には、しじみづくしを食べてみてはいかがでしょうか。