日本|青森|大自然の中のランプの宿「青荷温泉」

2018年6月4日

何も予備知識なしで、偶然立ち寄った「青荷温泉(あおにおんせん)」。想像を超えた自然あふれる素晴らしい温泉だったので、ぜひとも紹介させてください。

 

青荷温泉に続く道路にはネタが仕込まれています!

方言?でカーブの度に注意書きが。この看板が面白い。「ゴィッとカーブ」どんな意味?こんな看板がたくさんありますので、道中楽しめます。でも運転気を付けてくださいね。

 

だいぶグネグネの山道を登りきると、山中に佇む鄙びた温泉宿に到着。この地図にある通り、温泉はたくさんあります。

日帰りプランで全てのお風呂に入ることができます。

温泉は単純温泉。硫黄臭などが好きな人には物足りないかもしれませんが、良い泉質だし、雰囲気だけでも満足できる源泉掛け流しの言い温泉。

 

こんな滝と雪を同時に眺められる温泉もありましたし、ちょっと入るのに勇気がいるような開放的な温泉もありました。

 

でも実は、この温泉の魅力の一つとして「ランプ」があります。廊下などは温かいランプの灯りで照らされていて、部屋にはコンセントもないそうです。


冬の雪深い寒い時期に、あたたかくなれそうなお洒落なランプ。4つの湯船。滝が見えたり、開放的だったり、ヒバ造りの湯船だったり。温泉をゆっくり楽しむランプのお宿として素晴らしいと思いました!