日本|兵庫|和牛の原点「但馬牛を味わえるグランドシェフ」

2018年9月2日

「但馬牛(たじまうし)」と言う名を聞いたことがありますか?あの有名なブランド和牛の松坂牛や近江牛、飛騨牛も、子供の但馬牛を仕入れて、各ブランド牛エリアで飼育した牛なので、全てもともとは但馬牛なんです!

現在の日本の黒毛和牛の99.9%が但馬牛「田尻号」の子孫だというから驚き。兵庫県の山奥にある朝来市で昔から大切にされている但馬牛。

本日は、朝来市の但馬牛を楽しむことができる名店「グランド・シェフ」さんを紹介します。

 

店情報

  • 住所:兵庫県朝来市和田山町枚田岡330-3
  • 電話番号:079-670-3117
  • 営業時間:[月~金]11:30~14:00 17:30~21:00[土・日・祝]11:30~14:00 17:30~21:00
  • 定休日:不定休

 

雲海の上に浮かぶ天空の城として有名な「竹田城跡」がある朝来市。実は銀、金、錫などの鉱山跡なども残る様々な観光地がある観光都市。そしてその名物グルメが但馬牛なんです。竹田城跡で話をした地元の方が、グランドシェフさんを薦めてくれました。

グランドシェフさんを訪問すると多分外観にビックリします。なんとコンテナハウス風。遠目からみると倉庫のようにも見えます。近くまで行ってもレストランの雰囲気が感じ取れず、カーナビを使いながらも迷いかけました。

一瞬不安を抱えながらお店の中に入ってみると、鉄板付きのテーブルが余裕を持って綺麗に並んでいてその雰囲気に好感!

 

お店の中を見渡していると、なんとミシュランガイドに載っているとのこと。びっくりですね。星はついていませんでしたが(星無しは「調査員おすすめ」)、初めて?のミシュラン掲載店での食事です。

 

今回は、貝柱付ステーキコースと、エビ付ステーキコースを注文しました。

 

最初にスープとサラダがでてきました。久々のコース料理。お洒落な盛り付けでおいしそう!そしてやっぱり美味しい。

 

若いシェフさんが鉄板の前に立ち、丁寧に貝柱を焼きはじめてくれました。目の前で焼いてくれると嬉しくなりますよね。ついついカメラで撮影してしまいます。

 

貝柱が美味しいのは言うまでもありませんが、パンにそのソースをつけて食べると、また美味しい・・・。

 

次はエビさん。目の前で調理をしてくれるので、いろいろとインパクトがあって楽しい。

 

やっぱり調理にパフォーマンス的な要素が入っているので盛り上がります!寡黙なシェフさんでしたが、ときどき私達が楽しそうな歓声を上げると、ニコッとしてくれるのが、また楽しい!

 

綺麗に焼いて、綺麗に切って、綺麗に盛り付けて。こちらもパンにソースを付けていただきます。

 

さぁ続けて、メインのお肉。今回の肉は但馬牛の「シンシン」という部位。シンシン?と言う方も多いのではないでしょうか。なんとこちらのお店は、部位を選ぶことはできません。熟精肉は食べるタイミングが重要なんだそうで、その日その日で一番美味しく熟成されたお肉が料理に出されるんだそうです。(なので、部位を指定はできないそうですよ)

シンシンについての豆知識

  • 関東ではシンシン、関西ではマルシン
  • 後ろ足付け根、もも部位の「しんたま」という部位の一部分しかとれない希少価値の高い部位
  • こざっぱりした中に肉の味が後に残り、非常に柔らかい部位

 

手際よく、塩コショウでシンプルな味付けをしながら肉を焼きはじめます。

生でも食べられるような素晴らしいお肉なんでしょうね。表面だけをしっかり焼いています。

表面が焼けたら、切れ味鋭い包丁で切り分けて、

また違う肉表面を丁寧に焼いていきます。

最後はフランベの炎。そりゃカメラ構えちゃうでしょう!

お肉の完成です。特にレア等の焼き方を指定することはありませんでしたが、お肉の種類に合わせた、一番おススメな美味しい焼き方。

ヒマラヤ岩塩や、自家製ポン酢、味噌やニンニクチップなど。すきな調味料を選ぶことができます。私は何より、ニンニクチップをのせて食べるお肉が美味しかった!

 

ちなみにこの白ご飯。なんとオーナーが自分で育てた美味しいお米なんだそうです。こだわり強いね!

一緒にお肉から出た肉汁で焼いたお野菜は、御飯の上にのせて、少しお味噌をつけていただきます。これが和風な食べ方で嬉しい。

 

メインの但馬牛はもちろん。お野菜も、お米も、非常に楽しく美味しくいただくことができました。こちらのお店が人気があるのは当然うなずけました。

 

昼営業の終了間際にお邪魔したため、私達が最後の客になってました。運よく、オーナーシェフと話をすることができて、ミシュランに掲載される際の色んな興味深い出来事を教えてくださいました。

 

ミシュランに掲載される前のパーティーの写真も見せてくださいました。なんとパーティーなのに料理は出ないそうです(味に厳しいシェフの集まりだからかな?っておっしゃってました)。意外で面白い話ですよね。

こちらのミシュラン掲載を示すプレートは、なんと有料なんだそうです。貰えるのかと思いますよね!ここら辺のドライ感がさすがミシュラン。フランス企業!わざわざ有料にするあたりに、自分たちが掲載するお店リストへのプライドと自信を感じますよね!

 

 

今回は思いがけず素晴らしいお店に出会うことができて幸せでした。グルメな舌を持つわけでもないですが、雰囲気も素晴らしいし、素材も素晴らしいし。何より店のスタッフの皆様も気持ちよくて、本当に美味しさを感じました。

 

ぜひ、朝来市に行くのであれば、竹田城跡に行くのであれば!但馬牛を美味しく食べたいのであればグランド・シェフがおススメです。



国内ランキング
にほんブログ村 *国内旅行ブログランキングに参加してます。 こちらの国内旅行バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みです。なにとぞ応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m