シンガポール|マーライオン公園の朝焼けを見に行こう!

2018年9月22日

絶景写真「マーライオン公園から見える朝焼け」

インターネット上で見かけたマーライオン公園から見える朝焼けの写真。その綺麗さに憧れて自分も撮影してみたいと思ってチャレンジしてみました。

  • シンガポールは、ほぼ赤道直下の国
  • だから年中、日の出の時間は7時頃で変わらない。
  • 陽が昇る方向もほぼ東で固定。少しだけずれますが・・・
  • 電車やバスがほとんど動いていなかったのでタクシーで移動。

シンガポールはこんな国なので時間の調整はあまり必要ないので、朝日を狙うのは簡単!

 

朝5時半頃にマーライオン公園に到着

日の出の1時間半前頃なので、まだ真っ暗。ほとんど観光客がいない時間帯。そんな真っ暗な中でたくさんのライトアップのスタッフらしい人達がテキパキと働いていました。どうやらプロジェクションマッピングの為なのか、何かショーの準備なのか、綺麗にマーライオンが照らされていました。

ただし、早朝のマーライオンは水を噴いていません。

 

カラフルなライトアップの次は、ピカピカに照らされたマーライオン。早朝の時間帯は、ショッピングモールの電気は消えているし、マリーナベイサンズの部屋もあまり光が無いので、夜間に比べて少し暗め。

 

このマーライオンを大きめに写せる場所は、まさにマーライオン公園の中。真東の方向が、シンガポールフライヤーと蓮の花のような形をしたアートサイエンスミュージアムの間位。そこから陽が昇る予定です。

 

これはマーライオン公園の上側のエスプラネード橋の歩道から撮影したパターン。マーライオンがちょっと小さめ。マーライオン公園全体がアングルに入ります。

 

なんとなくマーライオンを大きく撮影したかったので、マーライオン公園内から撮影する事に。朝6時30分頃。まだ日の出前30分くらいで暗いのですが、写真撮影では空が青く写ります。

 

日の出が近づいてきました。フライヤーのすぐ横が一番明るくなってきました。やっぱり日出が近づくと、空の青が減って赤の比率が高まってきます。もうマリーナベイサンズがシルエットに。

 

日の出の直前、ちょうど7時頃についにマーライオンから水が噴き出しました!ゴポゴポっていう音の直後にブシャーと気持ちよく噴き出す噴水。やっぱりマーライオンは水噴いてないとだめですよね。

 

7時5分頃。ついに陽が昇りました。マーライオンも、マリーナベイサンズも、シンガポールフライヤーもすべてがシルエット。このパターンもいいですね。

 

更に陽が昇り、空が一気に明るくなりました。マーライオンもくっきり見えて。「マーライオン公園の朝焼け」撮影成功!この時間になると、カメラマンがたくさん押しかけていて盛り上がり始めてました。

 

マーライオン公園の朝焼け。いかがでしたか?陽が出る直前は、シンガポールのランドマークがすべてシルエットになって、陽が出た直後は赤く染まって、かっこよかったですよ!

観光客が少ない朝焼けのマーライオン公園はおススメです!

 

ちなみに昼と夜のマーライオン公園の写真もついでに。

 

 



海外ランキング
にほんブログ村 *海外旅行ブログランキングに参加してます。 こちらの海外旅行バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みです。なにとぞ応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m