日本|熊本|繊月酒造蔵の隣にある夜11時まで営業している公共温泉「堤温泉」

2018年6月5日

朝5時から夜11時まで営業している公共温泉

創業1921年、大正10年からある公共温泉がこちらの堤温泉です。2017年から計算すると96年前からあることになります。歴史を感じます。屋外の看板には昭和33年の文字が。

人吉温泉 元湯が22時までですが、そのあとに徒歩で向かってもまだ営業している温泉です。

住所:人吉市土手町40
電話番号:0966-22-3207(繊月酒造)
駐車場:目の前に4~5台という感じです。
営業時間:05:00~08:00、10:00~23:00(8時から10時は清掃ですのでお気をつけて。)
定休日:年中無休

昔ながらの番台には防犯ビデオが置いてあります。朝5時から22時まで営業なので、番台の人も大変なのでしょうか。時間になると某警備会社がビデオの確認と回収に来るのだそう(地元の人談)

入浴料は200円。人吉の有名な花手箱のボックスにお金を入れます。ちょうど持ってこないと困りますので要注意。

22時過ぎでしたが、地元の方でにぎわっていました。

脱衣所に貴重品入れはありませんので車に置いていくなりしておいたほうがいいです。

ちょうど入ろうとしたときに独占状態に。浴槽は2つ。

泉質はアルカリ性単純温泉で、泉温は49.9度。もちろんかけ流し。すぐそばに加水できるようになっていて皆さんが入ったおかげか、元湯よりも温度は低い感じがしました。

お湯は少し黄色がかっていてモール臭がします。もちろんツルツル、すべすべになる温泉です。

ちなみに隣には繊月酒造があり、9時から17時(16時半受付)まで焼酎蔵見学が楽しめます。

約15分の見学は2人で伺ったのですが、とても丁寧に説明してくださいました。少数人数でも対応していただけるなんてありがたいです。20名以上だと予約が望ましいようです。(公式Hpより)

有名な銘柄からレアなものまで。約30ほどの銘柄の繊月酒造で作られた焼酎の試飲。これらがすべて試飲できます。

とても広いので、団体客さんも大丈夫ですね。

これが繊月城(人吉城)跡や球磨川を見ながらいただけるので繊月城見蔵と呼ばれているようです。

こんな焼酎を試飲してお気に入りを見つけた後には、敷地内の足湯でのんびり。足湯は18時まで楽しめます。温泉は堤温泉の源泉と同じだそうですよ。足湯だと温度がちょうどよくてずっとはいっていられるほどです。もちろん足湯もつるつる、すべすべになりますよ。


国内ランキング
にほんブログ村 *国内旅行ブログランキングに参加してます。 こちらの国内旅行バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みです。なにとぞ応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m