日本|香川|香川の香!小麦の香の釜揚げうどん「長田in香の香」

2018年6月5日

初めて小麦の香を美味しく感じた釜揚げうどん

どちらかというと、ツルツルの冷たいうどんが好きだった私ですが、この長田in香の香で考えが変わりました。うどんの麺にも香があるんだ!小麦の香って美味しいんだなと初めて感じたんです。釜から茹で上げられたうどんを、そのままドンブリに入れてあるので、湯が白濁してトロッとしています。きっとこれも小麦の香の元なんでしょうね。

店舗情報

  • 住所:香川県善通寺市金蔵寺町本村1180
  • 営業時間:9時~17時
  • 定休日:水・木曜日
  • 電話番号:0877-63-5921

平成14年にオープンのお店ですので、老舗とは違うのかもしれませんが、釜揚げうどんの名店として今香川でトップの人気を誇ります。釜揚げうどんの世界には「西の長田に東のわら家」という言葉があり、この長田in香の香は、その長田の流れを汲むお店。いろいろあって、本家の長田から分かれたお店なんだそうですが、ピーク時には長蛇の列ができるお店です。

お値段表はこんな感じ。やっぱりお安い!さっそく釜揚げ小を注文です。人によってはオニギリ注文したりして、まず先にお会計。会計が終了したらナンバープレートを渡されるので、麺が茹であがるまで席を探して待ちます。

店内はこんな感じで広くて綺麗。夕方4時ぐらいに伺ったので特に待ち時間もなく、席も十分に空いていました。

5分位たって番号で呼ばれ、うどんを受け取ります。見てください。この美しいうどん。うどんを茹でたトロッとした白濁湯に入ってて、凄く良い香りがします。これがうどんの小麦の香なんですね!

テーブルにある瓢箪型の徳利に出汁が入っています。出汁は自分で汲むシステム。この出汁がまた美味しいんですよ。やっぱり香川はイリコ出汁なので香が素晴らしい。さすが香の香。

何杯でも飲めそうな出汁。継ぎ足せるのですが、マナーの範囲内でお願いします!

ここ長田in香の香の釜揚げうどんを食べて、はじめて温かいうどんの美味しさを知った気がします。温かいと小麦香が香るんですね。イリコ出汁の香も強く感じることができるし。でも何よりうどん麺の、とろみがついたツルツル麺の食感が良くて。

香川のうどん屋さんは、地元のおばちゃん達が、すごい勢いでテキパキ作ってくれています。この文化って、きっと香川県外では根付かないでしょうね。だからこそ、いつまでも香川県がうどん県としてあり続けられるんだろうなぁ。

長田in香の香は、今、間違いなく釜揚げうどんの最高峰。小麦の香、イリコの香を味わいたかったら、まずはこのお店を選べば間違いないですよ。

 

 



国内ランキング
にほんブログ村 *国内旅行ブログランキングに参加してます。 こちらの国内旅行バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みです。なにとぞ応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m