日本|長野|温泉に入る日本猿「地獄谷野猿公苑」

2018年6月5日

世界的に人気のスノーモンキー。直訳すると雪猿ですが、地獄谷野猿公苑にいる雪の季節に温泉に入る日本猿が人気なんです。

世界的に人気の雪に入る温泉猿

地獄谷の場所は長野の渋温泉のちょっと奥地。すぐ近くまで車で行くことができ、駐車場から30分程歩いていく必要があります。

今回私達が訪問したのは9月。非常に暑い。猿たちは本当に温泉に入っているのでしょうか?!

お猿さんは群れを作って移動しながら生活しているので、場合によっては山奥に行ってしまって公苑に姿を現さない場合があるそうです。駐車場に「サルがいる!サルがいない!」をちゃんと書いてくれていますのでご確認ください!

サルがいる!ラッキー

サルがいるらしいので、駐車場から歩いて地獄谷野猿公苑に向かいます。

途中、自噴している地獄谷噴泉があります。凄い迫力ですね!

噴泉よこには地獄谷後楽館があります。宿泊や入浴が可能な施設なんだそうです。

地獄谷公苑入口には、いろんな注意書きがあります。公苑内に住んでいるサルではありますが、野生の動物ですので油断してはいけません!

季節的なものもあるのでしょうか。公苑に入ったら、たくさんの子ザルが!可愛い!

さぁ、温泉地に到着。やっぱり猿は暑そうに外で涼んでいます。

あ!入浴しているサルがいる!暑いだろうなぁ。でもなんか江戸っ子がやせ我慢しているようにも見える。

でも実はよく見てみると、公苑管理のスタッフがちょこっと米粒を温泉内に投げ込んで猿を誘導してくれているようでした。やっぱり猿も食欲に負けているんですね!

でもご飯食べて、温泉入って、ポカポカ日光浴。そりゃ寝ちゃいますよね。地獄谷野猿公苑の猿さん達の幸せな寝顔を見るとこちらもポカポカしてきました!