日本|茨城|奥久慈しゃもの元祖「玉屋旅館」で軍鶏鍋

2018年6月4日

品評会で1位を獲得したこともある茨城の名産「奥久慈しゃも」。肉の歯ごたえに驚きますよ!

奥久慈しゃも鍋を玉屋旅館で!

奥久慈しゃも料理の元祖と言われる玉屋旅館さん。常陸大子駅の目の前にあり、駅前には大きな駐車場もありますので便利な立地です。奥久慈しゃもは、軍鶏に名古屋コーチンなどを掛け合わせて奥久慈の名産品。噛み応えが人気の元なんだそうで、本当に美味しいらしい!

(ちなみに江戸時代にシャム国(タイ)から輸入された闘鶏なのでシャムがなまって「しゃも」と呼ばれるようになったらしい!)

外観は昔ながらの旅館。良い雰囲気です!旅館のスタッフの皆様も非常に親切。急な昼の訪問だったのですが、すぐに空いている部屋に案内してくれました。

部屋は和風の個室。こちらにテキパキと鍋セットを準備してくださいました。

メニュー。まさに軍鶏尽くし。軍鶏の親子丼なんかも人気のようです。持ち帰りもできるそうですよ。私達はしゃも鍋を選択させていただきました。

じゃーん!二人前で3150円。名物料理にしては格安じゃないですか?しかも超大盛りの鍋です!さぁ軍鶏肉をいただきます!食べてビックリ。今まで食べていた鶏肉ってなんだったんだと思うほどの歯ごたえ!肉の締まり方!そしてサッパリした味。噛めば噛むほど旨い味が出てきます。

〆は雑炊とうどんを選択することができました。でもお腹いっぱいで食べられず。何ともったいない!次に行くときには胃袋を鍛えてからしめまで食べたいと思います!