日本|兵庫|たまご焼きと言う名の「明石焼き」本家きむらや

2018年6月5日

明石焼きとタコ焼きを同類とみている人はいませんか?!!全然違いますよ。出汁に浸してたべるフンワリ柔らかの卵焼きなんです!

タコの名産地「明石」で生まれたタコ焼きの原型

今となってはタコ焼きの方が有名かもしれませんが、明石焼きは、そのたこ焼きの原型と言われる食べ物。想像以上に柔らかで、出汁の中につかることで、奥深い味が!

そろそろ明石焼き食べたくありませんか?

今回お邪魔したのは明石焼きの名店「本家きむらや」さん。大正時代から続く老舗です。

昼などの、良い時間になると激混みになるそうなので、今日は朝いちばんに到着。土日祝は9時から、平日は10時から営業スタートだそうです。

お店の中はこんな雰囲気。まさに昔ながらの変わらない空気が流れています。スタッフは観光客慣れもしてくれていて、手際よく注文を取ってくれます。

お店では手際よく、すごいスピードで明石焼きを焼きまくってます。どうやらタコ焼きと違って、キャベツなどは入っていないようです。だからなのかな?生地とタマゴだけで、すごいフワフワな感じです。

明石焼き=玉子焼き!店のメニューは玉子焼き

スープと明石焼き(20個)。1人前が20個です。多すぎるかと思って二人でシェアしたんですが、全然二人分食べれる感じ。この木の板の上に乗せて出てくるあたりが良い雰囲気ですよね。出汁に浸して食べたり、意外とおすすめなのが塩につけて食べたり、ソースもありました。

想像以上にペロリと食べれるアッサリ具合。タコ焼きよりもサッパリ食べられるから、多い量食べれちゃいます。

お店にはおでんも置いてあります。

もし、お腹に余裕があるなら、このタコ足がおススメ!私が人生で食べた中で一番好きかもしれないタコ足です。

「本家きむらや」の玉子焼きとタコ足おでん!おススメです。