日本|北海道|登別の天然足湯「大湯沼川天然足湯」

2018年6月4日

北海道の有名温泉地「登別」にある天然足湯。大湯沼から流れ出る川が天然の足湯になっているんです!

風情素晴らしい「大湯沼川天然足湯」

登別は地獄谷やクマ牧場が有名です。地獄谷を見ていると、湯気はたくさん見えますが、そんなにお湯が沸いている姿を見る事は出来ませんよね。でも地獄谷よりちょっと北方向に登った場所に、お湯が大量に湧いている大湯沼という場所があります。(ニセコにも同名の大湯沼がありますのでご注意ください)

大湯沼駐車場と登別地獄谷駐車場は共有チケットになっていて、普通車500円/回で当日に限り両駐車場に駐車することができます。大湯沼川天然温泉に行くときの駐車場は他にもあるそうですが、大湯沼を見ながら川沿いを歩くのもすごく風情があるので、有料ですが大湯沼駐車場の利用がおススメです!

 

大湯沼駐車場は下のGoogleMapの位置にありました。車で行けば多分迷いません。

天然足湯は大湯沼の駐車場から歩いて30分程

駐車場のある大湯沼は硫黄泉の湧き出てできた天然の沼地。湖底は130度もの熱湯温泉が噴出しているそうですよ。沼周囲は硫黄の香りが凄くてテンションが上がります。

 

Googleマップで見ても分かりますが、大湯沼かわは西方向に川が流れ出ています。この川が大湯沼川。大湯沼の熱湯硫黄泉が流れ出ている硫黄泉の川なんです。

 

大湯沼の横にある駐車場からは、大湯沼川探勝歩道が延びていて、その歩道を歩いていくと天然足湯に行くことができるます。歩道の途中にある大正地獄。天気によって湯の色が変わるらしい。自分たちは夕暮れに行ったので青がかった灰色に見えました。

 

川の上流は大湯沼が近すぎて熱すぎるんですが、ある程度下流まで歩いてくるとちょうどいい湯加減に。そしてそのちょうどいい湯加減辺りには足湯用のデッキを設置してくれていました。

硫黄泉の川が、そのまま天然足湯

大湯沼から流れ出る硫黄泉のお湯が流れている川なので、もちろんこの足湯にも硫黄泉。天然の川なので、この足湯の底はもちろん砂利。硫黄が積もっているのでちょっと滑りやすくなってますのでご注意ください。

人目を気にしないのであれば裸で全身入りたくなる程のいいお湯。そんな人はいませんでしたが。硫黄泉なので肌はあっというまにスベスベに。

いかがですか?風情あふれる大湯沼川天然足湯。駐車場代(500円)はかかっちゃいましたが、こんないいお湯を利用できれば文句なし!

大自然を堪能できる大湯沼川天然足湯でした!!