タイ|バンコク|世界最大級の生鮮市場「クロントーイ市場」

2018年9月22日

バンコク市民の胃袋を支える1000以上の店が並ぶ世界最大級の生鮮市場「クロントーイ市場」。観光客向けではなく、完全に地元民向けのマーケット。

世界最大級の生鮮市場「クロントーイ市場」

これぞアジアという雰囲気を味わうことができるクロントーイ市場。新鮮な生鮮を手に入れようと、たくさんの人が押し掛け、早朝から喧騒と活気に満ち溢れています。

ですが、

地下鉄のクロントーイ駅から徒歩5分位。ただ、早朝は地下鉄が動いておりませんので、早朝や深夜に行くのであれば、トゥクトゥクかタクシーの利用がおススメです。

 

市場は早朝が一番賑わっています。私がお邪魔したのは朝の5時位だったのですが、あまりの熱気にビビりました。治安の悪さはほとんど感じませんでした。この市場は縦横300m位の広さがあると思います。入ったところは下の写真のように整然と静かな感じ。

 

肉に野菜に果物に・・・・奥に進めば進むほど、活気と熱気、そして生々しさが激しさを増してきます。これぞアジア・・・・・。食事をするという事は命を頂くんだということを実感します。しかも、肉を綺麗に見せるためでしょうか。全体が赤い傘と赤い光で真っ赤な雰囲気。目の前で豚やら鶏やらがどんどん解体されていく、日本ではなかなかない光景。

 

お肉の山を見つめるお坊さん。どんな気持ちで見てるのかな?

生きた鶏から

このクロントーイ市場の周辺は、ちょっと前まで巨大なスラム街でした。有名な線路に面したスラム等が存在していましたが、都市開発の中で、今はドンドンスラムが減ってクロントーイ市場が拡大を続けています。

そのため、市場周辺には、スラムの雰囲気や名残もあります。治安は決して悪いわけではありませんが、油断はせずに気を付けて見学してください。