中国|北京|北京動物園のパンダに会いに行こう!

2018年9月22日

北京動物園は、清時代から続く歴史ある動物園。敷地面積はめちゃくちゃ広くて、しかも動物の種類も600種類以上にもなるそうです。

ビックリするくらいパンダを独占できますよ!

果てしなく広いので、通常ゆっくり見て回れば1日必要。短時間で見て回るには、しっかりとターゲットを絞り込まないと所要時間が長くなっちゃいますよ!今回はパンダがターゲット。やっぱりパンダでしょう!


北京動物園は、地下鉄でのアクセスが非常に便利。動物園駅のC1出口から出てすぐの場所にチケット売り場があります。

 

営業時間とチケット代金は、夏と冬で異なります。また、動物園の入場代金と、パンダ館入場代金は別料金となってます。セットで購入したほうがお安くなってます!下の写真を拡大して参考にしてくださいませ!

 

動物園は朝7時30分から開園しています。早いですね!敷地内は非常に広く、お年寄りの皆様には無料で開放されているようで、早朝から散歩やら体操やらをしていました。

 

パンダ館は8時に開館。8時ピッタリにパンダ館へ入場します!北京の人たちにとって、パンダって珍しくないのかな?誰もいません・・・。本当にパンダいるのかな?なんて思っていたら、嬉しそうに笹を食べるパンダが!可愛い!

 

 

室内のパンダルームも独占状態!こんなに人気が無いパンダ館ですが、朝8時~11時位が食事の時間となっているので、一番活発にパンダが活動しているそうです。

 

笹だけではなくタケノコも大好きなんですね。両手にタケノコを持って嬉しそうにかじりついています!こんなにムシャムシャ、嬉しそうに食べているパンダを独占できるのは、北京動物園だけじゃないでしょうか!

 

 

もちろん、パンダ以外にも中国ならではの珍しい動物たちもいます!キンシコウやトラ、狼はもちろん、仲良し白熊なんかも。特に、一つの檻に2頭の白熊って珍しくありませんか?凄く仲良さそうで可愛かったですよ。


↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ