中国|北京|絶品の北京ダックを食べに行こう!

北京のちょっとマニアックな場所に、地元の人に大人気の絶品北京ダックのお店があります。
その名前は「利群烤鴨店(Ligun Kaoyadian)」

北京地下鉄の「前門駅」から1.1km、徒歩20分位。大都市北京では最近あまり見る事の出来ない胡同(中国の古い町並み)の中を歩いていくと、雰囲気のお店に到着。


↓以前はGoogleマップがずれまくってましたが、最近は正確で分かりやすくなりました!

 


利群烤鴨店は、ちょっと裏に入った場所にあります。

ちょっと太い道から裏に入った場所にありますが、小さいネオンや、よく見ると壁に「LIQUN」とか「利群」とか、落書きのように書いてますので見落とさないように気を付けてくださいね。

 

人気のお店と聞いていたのですが予約無しで訪問。でも、ふつうまだ夕食を食べないであろう早めの17時半に到着。すでにお客さんが並び始めてましたが、ほぼ待ち時間なしで入ることができました。ラッキー。噂通り人気なんですね!

 


お店に入ると巨大な釜でこんがり焼かれる北京ダックが!

 

お店に入ったらすぐに目の前に巨大な釜が見えてきます。北京ダックが見事にこんがり焼かれて次々と出来上がってきます!うまそー!


 店内は渋くていい感じ

 

お店の中は意外に広くて、でもちょっとジャッキーチェンの映画に出てきそうな店の雰囲気で自分は好きです。英語のメニューもあったので、写真を撮っておきました(2015年11月)


 切り分ける前にテーブルまで見せに来てくれる!

注文したら、まず切り分けてくれる前に、北京ダック1羽をテーブルまで持ってきてくれます。これっていいサービスですよね!そりゃ写真撮っちゃいますよ!

お店によっては北京ダックはパリパリの皮部分だけを出してくれるところもありますが、このお店はお肉部分もしっかりと出してくれます!これがまた美味しいんです!肉付き北京ダック!このお店の絶品メニュー!!

自分で巻き巻きしながら食べると美味しいんですよね。ビールも美味しいし。

自分が過去食べた北京ダックの中で、一番自分の口に合いました。美味しいと思います。でも、地元の人曰く、北京ダックが美味しいお店は、時代とともに変化していくんだそうです。料理人さんが変わると、北京ダックの味が大きく変わるそうで、、、

地元の人が「今、北京ダックを食べるなら利群か大薫烤鴨店だ!」と言ってました。つぎ北京に来るときにはどこのお店が一番おいしいんだろう。


嫌と言うより、できれば刺激的と言ってほしいトイレ!

スタッフの皆さんは凄く機敏に対応してくれるので、1時間半ほどで腹いっぱいの満足に。店内は古い建物だけど清潔だし、人気なのもうなずけます。外に出るとズラッと行列ができていました。でも、このお店にも弱点?面白い点?もあります。

今では中国の観光地では滅多に見かけない「ニーハオトイレ」です。店内にはトイレが無く、共同トイレを使うのですが・・・・。最近の中国はドンドン清潔になって洋式トイレ全盛となってますが、こんなニーハオトイレも、人生に数回はいんじゃないですか?刺激的でいい経験になりますよ!こんなトイレ嫌だ!じゃなくて、刺激的でいい体験と言ってほしい!


北京の治安は東京並みに良いですよ!

帰りはあえてちょっと暗めの胡同を歩いて帰ってみました。野良猫が居たり、犬の散歩をしている人がいたり。発展著しい北京では、古い町並みはドンドン壊されてドンドン新しい街に作り替えられています。この利群烤鴨店の周辺は、いまだ日本の昭和初期のような中国の古い町並みの風景を見ることができます。ぜひ一度、壊されちゃう前にもう一度来たいと思います。


↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

Posted by tetsuchippy