マレーシア|クアラルンプール|マラッカ日帰り長距離バス旅!

マラッカ(ムラカ)はマレー半島の西海岸南部に位置する港湾都市。都市名よりも「マラッカ海峡」の方が馴染みがあるかもしれません。

文化や富の中継地点として発展した街「マラッカ」

東西貿易の中継港として反映した歴史都市で、街並みが世界遺産に登録されています。クアラルンプールからバスで2時間程で行くことができるため日帰りツアーで訪れる人も多い街です。

 

 

クアラルンプールから朝焼けのピンクモスクを見に行こう!のブログはこちら

 

↓マラッカ観光の中心「オランダ広場」の場所↓

クアラルンプールからたくさん日帰りバスツアーが企画されていますので、オプショナルツアーを利用するとホテルから簡単日帰りツアーも可能です。


今回、私達のマラッカ旅行の必須目的は7個!

①マラッカの街並みを楽しむ!②名物チキンライスボールを食べる③トライショーに乗る!④マラッカ海峡の夕陽を見る!⑤水上モスクを写真撮影する!⑥世界一美味しいタンドリーチキンを食べる!⑦マラッカの夜景を楽しむ!

全部を達成するにはオプショナルツアー企画では無理だと考え、長距離バスを利用した個人手配でマラッカへ旅行することにしました。このブログでは、クアラルンプールからマラッカへの長距離バスを利用した移動方法を記したいと思います。(チケットの取り方や方法)


クアラルンプールからマラッカまでの長距離バス、路線バスでの移動方法

マラッカ行き長距離バスはバンダー・タシック・スラタンバス ターミナル (TBS-BTS・Terminal Bersepadu Selatan at Bandar Tasik Selatan)から出発します。地図で見ると遠いバスターミナルのように感じますが、KLIA線でKLSentral駅から一つ目の駅「Bandar Tasik Selatan駅」に直結ですので結構近い。

リンク:クアラルンプール市街からBandar Tasik Selatan駅までのKLIA時刻表

<hr />

Bandar Tasik Selatan駅からバスターミナルへ

駅-バスターミナル間は案内看板がしっかりと出ていて迷わず歩いて移動することができます。写真の奥に見えている白い大きい建物がバスターミナル。

バスターミナルでのチケット購入方法。まずは電光掲示板で確認

バスターミナルには、たくさんのチケット販売窓口があります。ターミナル入ってすぐの場所に大きな電光掲示板があり、バス運営会社と出発時間、目的地が確認できます。マラッカ行きは「MELAKA SENTRAL」。最も朝早い便は5時30分発のようです。(2016年現在)

バス会社ごとにチケット窓口が分かれています。

チケットは希望時間の会社の窓口で購入することができます。購入にはパスポートが必要ですので忘れ内容に準備してください。英語は通じましたが、指さしで購入することも可能そうでした。

チケットに出発ゲートが書かれています。

本数はたくさんあるのですが、週末などは結構混み合うらしいので、できるのであれば事前予約の方が安心だそうです。幸い私達は予約無しで一番早い便を予約することができました。

有名なバス会社と無名なバス会社がありますが、無名な方が安い。でも有名バス会社の方が良いバスだったり、時間通りの運航だったりするそうです。

出発ゲートでバスを待ちます。

チケットに出発ゲートNo.が記されていますので、バスの出発ゲートで待ちます。バスは結構時間通りには来ませんので、早く来たり遅く来たり・・・少し余裕を持って待機して、遅れてもイライラせずにのんびり行きましょう!

バスが到着したらチケットを見せて乗り込みます。

私達が利用したバスはこちら。ラッキー、きれいなバス。出発時間は15分程遅れましたが、乗り心地が良いから許す!バスはノンストップで約2時間でマラッカセントラルバスターミナルに到着しました。

マラッカセントラルバスターミナルに到着

このピラミッド型の建物がマラッカセントラルバスターミナル。お土産屋さんなどもたくさんあるので、買い物もできますよ。クアラルンプールへの帰りのバスもこのターミナルから出発です。

クアラルンプール行き長距離バスのチケット確保

ターミナル内には、KLのバスターミナルと同様にたくさんのバスチケット販売窓口があります。窓口には行先と時間帯が書かれているので、希望のバス便を探します。出来るだけ夜遅くまでマラッカで遊ぶつもりだったので22時マラッカ発のチケットを事前に購入。いい時間帯の便は結構早く満席になってたので、観光前に購入することをお勧めします。

マラッカセントラルバスターミナルからマラッカ市内への路線バスでの移動方法

バスターミナルからマラッカ観光の中心部までは少し距離があるので徒歩で行くことはできません。タクシーでも行けるのですが、今回は路線バスで行こうと。

詳細を聞くためにバスターミナル内のインフォメーションに。わざわざメモに詳しく書いて教えてくださいました。観光マップも購入!

路線バスでオランダ広場まで行くことができます。

路線バスは乗るときに支払うパターン。運転手さんに「Clock Tower」と伝えたら値段を教えてくれました。この時は2RMだったと思います。路線バスの中はこんな感じ。さすがの人気路線なのでギューギューでした。

朱色建物群がマラッカ中心街の象徴

バスの車窓から、朱色の建物が見えてきたらオランダ広場はすぐそこ。このあたりからオランダ広場などの中心街は徒歩圏内です。車内でバス停の案内などは特に聞こえませんでしたが、他にも降りる人がたくさんいたので大丈夫でした。

マラッカでの時間は10時間!さぁ観光スタート!

クアラルンプールのバスターミナルを9時半に出発して、マラッカの中心街に到着したのが12時ごろ。帰りのバスが22時なので、10時間程マラッカ市内を観光する時間があります。10時間で観光した場所を一気に写真で!

いかがですか?10時間でマラッカを十分堪能できましたよ!夕方に凄いスコールが降って夕陽を見る事は出来ませんでしたが、ゆっくりたっぷり日帰り旅でマラッカを堪能できました!

クアラルンプールへバスで一直線!

夜になるとマラッカ市街からマラッカセントラルバスターミナル行きの路線バスはほとんどなくなる為、タクシーでバスターミナルまで移動します。先に購入してあるチケットを利用して、0時ごろにクアラルンプールのバンダー・タシック・スラタンバス ターミナル。

KLSentral駅に向かう電車KLIA線は深夜1時位までありますし、KLSentral駅のタクシー乗り場は深夜まで営業しているのでホテルまで無事に帰る事が出来ました。


↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

Posted by tetsuchippy