中国|西安|崋山日帰り旅マニュアル

こんな豪快な景色、見たことありますか?岩肌にずらっと階段が・・・。中国道教の神聖な山で道教五岳の一つです。この豪快な景色、いかにも中国。

中国五大名山のひとつ「崋山」

空に延びる岩山をまっすぐに掘り進まれた石階段。どれだけの歴史の長さと労力がかかった場所なんだろう。まさに中国の長い歴史を感じる観光地です。

出発地となる西安は、古代中国の首都として「長安」と呼ばれていました。近郊で兵馬俑が発掘されたり、遣隋使や遣唐使が目指した街として、京都の都市計画のモデルとなった街としても有名。シルクロードのアジア側終点として、三国志が好きな人なら、董卓が洛陽から長安に遷都した街として知っているのではないでしょうか。とにかく中国古代の魅力が詰まった観光都市なんです!

その西安から崋山へは、車を利用したツアーなどが増えてきて、最近は訪れやすい場所になってきているようですが、個人で訪問するには、「鉄道の利用方法」「崋山の入山、ロープウェイチケット購入方法」で躓く方が多いようです。

ただ、バスを利用すると、帰りの時間が指定されているので不自由だなぁと思い、今回は鉄道を使って崋山観光を楽しんでみました!


崋山行の鉄道は西安北駅から乗ることができます。

西安北駅は空港のような雰囲気がある巨大な駅で、西安市内の地下鉄やバスを利用して簡単にたどり着ける西安の交通の要所です。外国人は基本的に自動チケット販売機は利用できませんので、チケット販売窓口で購入しなければなりません。まずは窓口を探しましょう!窓口上には大きな電光掲示板に時刻表が掲示されています。

 

鉄道チケットの購入にはパスポートの提示が必要です。

窓口では簡単な英語、もしくは紙に「西安北→崋山北、大人2名、2等、〇〇時〇〇分」を紙に書いて渡せばすぐに通じます。ただしパスポートの現物が必要です。私の前の外人さんが、パスポートコピーを見せていましたが購入を断られていました。

よっぽど贅沢したくなければ2等席で十分豪勢です。日本の新幹線と違ってギューギューにはなりませんので、2等席で十分に快適ですよ。

時間帯さえわかっていれば、帰りの分を購入しておいても良いかもしれません。

 


チケット購入後は指定のゲート前で待機。

ちなみにテロ防止等の目的だと思いますが、高速鉄道に乗る前には必ずX線等の荷物チェックがあります。更に中国では電車をホームで待つのではなく、ゲート前で電車時間を待ち、電車が来たら改札が開きます。そのためいつもホームはガラガラ。勝手に入場することはできません。

中国の高速鉄道は全席指定席。自由席はありませんし、立ち乗りと言うこともありませんので、満席になってしまえばチケットを買う事すらできませんのでご注意ください。

 


電車の中は日本の新幹線より客数が少なく快適です。

全席指定ですので、席を取り合うこともありませんし、座れないこともありません。競争のない電車内って幸せですね。車窓からこんなのどかな古き良き中国の風景が見えます。やっぱり都市部と田舎部は全然違いますね。

 


崋山観光は崋山北駅が起点となります。

40分程の乗車で崋山北駅に到着。ここからタクシーもしくは路線バスで崋山へ向かいます。到着してすぐに西安北への帰路チケットを購入。15時位のチケットをお願いしたのですが、1本しか空席がありませんでした。結構混み合う時間帯なのでしょうか。

また、崋山北駅から崋山チケット売り場までは、無料バスもありますが、満員にならなければ出発しないため時間がバラバラです。タクシー利用だと、だいたい30元程で連れて行ってくれました(2016年現在500円程)。時間縛りもないのでタクシーがおススメです。ただし駅前にはたくさんのタクシー客引きがいますので、値段をしっかり交渉しないと、まともにメーターを動かしてくれませんのでご注意ください。

 


チケット売り場(遊客中心)でチケット購入

個人手配で崋山観光をする為には、複数のチケットを購入する必要があります。値段はドンドン変化しているようで、過去の情報と結構ずれています。今後も変化するかもしれません。

チケット購入に困っている外国の方が多いようで、英語が堪能な案内人がたくさん配置されていました。もし困ったときは案内人を探すといいかもしれません。

 


複数のチケットを購入する必要があります。

今回は私達が利用した金額とコースを経験した内容でお伝えします。
もし、崋山の基本ルートを考えるのであれば下記がおススメ。

基本コースは、

【チケット売り場→送迎バス→西峰ロープウェイ→山を徒歩で観光しながら移動→北峰ロープウェイ→送迎バス→チケット売り場】

の流れが基本です。

このコースであれば、登るより降る方が多いため、少しは楽になります・・・少しはね・・・・。チケットは、人数分の入山券と、ロープウェイ(登りと降り)、送迎バス(行きと帰り)のチケットを購入しなければなりません。

中国語に自信のない方は、下の通りの文字を書いてチケット売り場に渡せば無事に購入できると思います

(例2名の大人)
——————————————————
入山票                  2大人
巴士單程(遊客中心→西峰索道) 2大人
西峰索道單程            2大人
北峰索道單程               2大人
巴士單程(北峰索道→遊客中心) 2大人
——————————————————

時期や時代によって値段の変更はあると思いますが、上記内容で730元(2名分)でした。(2016年9月17日現在)


送迎バスの乗車時間はだいたい40分位

バス乗り場で入山チケットとバスチケットを渡し、送迎バスで西峰ロープウェイ乗り場へ移動します。バスの移動時間は40分位で、満席になれば出発します。

このバスの中からの景色も素晴らしく、崋山が近づくにつれて見えてくる岩肌に感動しますよ。


ロープウェイ乗り場から崋山観光の本番です!

西峰ロープウェイ登り乗り場への入り口手前です。バス乗降場から歩いて15分位でロープウェイ乗り場に到着します。

このロープウェイからが崋山観光の本番です!


崋山の絶景はこんな感じ!写真をずらり!

崋山の見所

①西峰ロープウェイ:まずこれが強烈。高所恐怖症の方にはたまらないスリル。

②西峰頂上:岩山の階段を人間があがっていく姿が圧倒的

③蒼龍嶺:驚くほど細長い一本階段。登ると大変

④長空桟道:世界的にも有名な絶壁に作られた道。

この崋山は岩でできた山で、岩を削った階段がズラッと。結構足が疲れますので、準備をしっかりと頑張ってくださいね。西峰から上がって北峰から下山する方が、降り比率が高いそうです。だから西峰からスタートすることがお勧め。とはいえ、けっこう駆け足で観光して3時間半かかりました。

 

 


下山してきたときは、もう足がガクガク。

この崋山観光の前には、ちょっと階段慣れしておいた方が良いですよ。そりゃーガクガクになります。北峰ロープウェイに乗ってからから、送迎バスとタクシーを乗り継いで鉄道の崋山北駅に到着するまで、だいたい1時間強程必要でした。また北峰ロープウェイ乗り場でも30分程並びましたので、ちょっと余裕を持って行動された方が良いと思います。

以上が崋山への鉄道個人手配マニュアルです!いかがだったでしょうか。一番苦労したのが、崋山チケット売り場での複数チケット購入でしょうか。たしかにオプショナルツアーの方が楽ちんかもしれません。

でも、日本での知名度はあまり高くない観光地ですが、私たち的には凄いおススメ!!ぜひ楽しんできてください!


↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

Posted by tetsuchippy