アメリカ|グァム|お薦めのリティディアンビーチへの行き方

リティディアンビーチをご存知ですか?グァム島の北端に位置する非常に綺麗なビーチなんです。

グァムで一番綺麗と噂の「リティディアンビーチ」

このブログでは、レンタカーを利用したリティディアンビーチ(Ritidian Beach)への行き方と、その美しさを紹介します!!

ちなみに、リティディアンビーチへはバスや電車の路線はありません。行く方法は自分で行くか、ツアーで行くか、タクシーで行くしかありません。

グァムでは日本の運転免許があればレンタカーの運転が可能。公共交通機関があまり発展していない島国ですから、レンタカーを利用すれば一気に移動範囲が広がります。しかもグァムは非常に運転マナーが良い国。日本よりも安全運転ですから、気軽なレンタカー旅がおススメです!

リティディアンビーチの場所はグァム島北端

グァムで最高に美しいと言われるリティディアンビーチ。タモンからリティディアンビーチまでは車で40分くらいです。

場所は上Google地図の通り。グアム島の最北端に位置しています。ほぼ一本道なので、あまり迷うことなく行くことができますし、リティディアンビーチへの分かれ道には必ず看板がでていましたので、しっかり見ていれば大丈夫です。


有名な悪路Route3A

道筋はそれほど複雑ではありませんが、最後のRoute3Aが悪路で有名。レンタカーを借りる時にも、場合によっては「リティディアンビーチの手前は悪路なので気を付けてください」とか「行かないでください」と言われることがあるくらいの悪路です。

悪路と言っても上写真のような感じですので、ゆっくり走れば全く心配ありません。穴をよけながら蛇行しながらゆっくり進んでいけば大丈夫。オフロードカーなら楽勝レベルだし、実際にはココパームビーチに向かうツアーバスも走っている位ですので、気を付けさえすれば普通車で特に問題はありません。バスもしっかりと蛇行しながら穴を避けて走ってますよ。



 


アンダーセン空軍基地の横を走ります。

グァム島の北端は米軍のアンダーセン空軍基地が広い敷地を占めていてRoute3Aはその基地の西側を沿うように走る道になります。残念ながら基地の中を見る事はほとんどできません。しばらく走っていると「Ritidian」の看板が見え始めますので、見落とさないように注意してください。目的地に近づいた証拠です。

気を付けなければならないのがリティディアンビーチに入れる時間。AM7:30~PM16:00しかゲートが開いていません。また、グァムの祝日は閉まっているそうです。


ゲートオープン日(営業日)

AM7:30~PM16:00

グァムの祝日は休み。また大荒れの日なども閉まっているそうなのでご注意ください。


高台からは一気に視界がひらけています。

基地横の悪路をゆっくり走っていくと、急に視界がひらけます。いかがですかこの絶景!高台になっていて、綺麗な青い海が広がります。ついつい写真をと思ってしまいますが、「No Stopping」の看板が!そりゃそうか。この高台から道に沿ってすすむと、すぐにビーチに到着です。


ビーチ横には無料の駐車場があります。

絶景の高台からゆっくり道を進んでいくとリティディアンビーチの駐車場に到着します。無料でありがたい!でも他サイトなどでは車上荒らしについての報告を見る事がありますので、くれぐれも注意してください。あまり人の気配がありませんので、たしかに車上荒らしに狙われやすいかもしれません。



車上荒らし注意点

・車の中の見えるところに物を残さない。

・出来るだけトランクに放り込んでおく。また、トランクの中に物を移動させたことをばれないように離れたところで荷物を移動させる。

・出来るだけホテルの鍵のかかるロッカーに残してくる。

・ビーチまで貴重品を持って行って、目を離さない!


駐車場からビーチへは、少し細い道を歩きます。

ちょっと木々に囲まれた小道を5分位のんびり歩くとビーチに出ます。ビーチは直前まで見えないので、期待が高まります。待たされた分、海が見えた時はテンションがあがりますよ!

車からの距離も少し長いので、よけいに車上荒らしが起こりやすいのかもしれませんね。でも、この小路を抜けた先に海が見えた時には感激しますよ!




小道をでると真っ白砂浜と真っ青の海

もう、本当に綺麗ですよ。タモンビーチでも十分美しいのに、そこをはるかに上回る透明度。そして沖が少し深くなっているので、薄い青から濃い青まで綺麗なグラデーション。更には砂が真っ白。

いかがですか。この真っ白な砂と、緑の昼顔?!凄く美しい。

綺麗で小さなカニもたくさんいました。

天気、陽の強さによって海の色は確かに大きく変わるのですが、リティディアンビーチくらいになると少々曇っていても青く光って見えます。水中の透明度も最高!人の気配がほとんどないので、驚くほどプライベート感があります。海外の綺麗なビーチで、ここまで独占できる場所はなかなかないと思いますよ。

 

静かすぎて注意が必要だと思います!

場合によっては、自分たち以外に誰もいない・・・なんてこともあるくらい、人は少ないです。時々バギーでスタッフの方たちが見回りに来てくれたり、ビーチ入口には、海や波の情報等が記されていますが、ちょっと海水浴をするには注意が必要なのでおススメしません。潮の流れも非常に速いので私達は泳がないほうが良いと思っています。溺れても誰も助けには来てくれないかもしれませんし、情報ではそれなりにサメ濃度が濃い場所らしいので、海を見に行くだけなのが一番いいかと思います。

おまけにシャワーはありません。

また、ビーチ周辺には売店や自販機などはありませんので、ゆっくりしたいときには事前に準備をしてくださいね。

泳ぐのであれば、有料ですがココパームビーチという綺麗なビーチが近くにあります。そちらもすごく綺麗ですし、監視員がいるので安全、安心。おススメですよ。

でも、そうはいっても、本当に綺麗なビーチです。グァムの中でも間違いなく1、2を争う綺麗なビーチ。カメラ好きの方にもおすすめできるグァム最高のビーチの紹介でした!




↓ランキング始めました!

海外旅行 ブログランキングへ


 

Posted by tetsuchippy