タイ|バンコク|ワットアルン独り占めの絶景バー「Eagle Nest」

チャオプラヤ川のほとりにたたずむワット・アルンはバンコクの代表的な名所。正式名称はワット・アルンラーチャワラーラームと言うそうです。

美しい姿でチャオプラヤ川沿いに佇む寺院「ワットアルン」

「ワット(寺院)・アルン(暁)」と呼ばれるこの寺院は、ライトアップでも有名で、今回はイーグルネストという綺麗なワットアルンの夜景が見えるバーを紹介したいと思います。

 

Eagle Nestはワット・アルンの対岸に位置しています!

いくつかワットアルンをチャオプラヤ川対岸から眺められるバーやレストランがありますが、今回はEagle Nest(イーグルネスト)を紹介したいと思います。


場所は黄金の涅槃像があるワット・ポーから徒歩3分。タクシーで近くまで行く場合、ワット・ポーを目印にするといいと思います。


Eagle Nestは暗い夜道を歩かなければならない。

リアルな明るさで撮影した写真です・・・・暗い。しかも人通りも少ない・・・。王宮やワットポーが近く、治安はいいはずの場所なんですが、ちょっと女性だけで歩いたりするには暗すぎる雰囲気はあります。

おそらくほぼ全員「本当にこんなところにあるの?」と弱気になりますが、下の写真をよく見てみると上の方に「Sala Arun」という赤い文字ネオンが見えます。


Sala Arun Hotelの屋上にEagle Nestがあります。

暗闇の中、路地の上の方を眺めると「Sala Arun」のネオンが。この赤い「Sala Arun」ネオンが目印。遠くからはまったくEagle Nestの文字は見えませんのでご注意ください。

 


ホテル前の路地が暗くてなんか怖い

Sala Arun Hotelに向かう路地はちょっと暗いのですが、勇気を出してホテル下まで行くと、やっとイーグル・ネストの立て看板があります。営業時間は以下の通り(2014年8月)


ホテルとバーは共通入口

Eagle NestはSara Arun Hotelの屋上の為、ホテルと入り口は共通。入ったらすぐにフロントがありますのでEagle Nestに行きたいと伝えましょう。


エレベーターは無いので階段で上がります

こちらのホテルにはエレベーターはありませんので、屋上のバーまでは階段を利用します。フロントの方が階段の場所を教えてくれるので、4階分ほど登ります。


頑張って階段を登ると絶景が・・・・

Eagle Nestに到着したら、いきなりこんな絶景が目の前に広がります。屋根のない開放的なルーフトップバー。



高さはありませんが、目の前を大河チャオプラヤ川が流れ、その先にはライトアップで光り輝くワットアルンが見えます。


光るワットアルンを眺めながらシンハ・ビール

バーの中はこんな感じ。雰囲気のある二人用の席がデッキに並んでいます。シンハービール(ビア・シン)でも飲みながら・・・いい感じ!結構料理も美味しい!




雲の奥で稲光が光った瞬間に

ワット・アルン周辺に高い建物はありませんので、大きな空が広がっています。偶然なんですが、雲の奥で雷が光って、雲が青く光り、なんか素敵な写真が撮れました!



ライトアップされた王宮やワット・ポーも

こちらのバーからは、王宮(ワット・プラケオ)やワット・ポーのライトアップを上から眺めることができます(あんまりきれいには見えませんけどね)




いかがでしたか?絶景バーのEagle Nest(イーグル・ネスト)。ライトアップされたワット・アルンを綺麗に見れる。絶景の写真が撮影できる素敵なバーでした!





↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

Posted by tetsuchippy