ベトナム|ハノイ|ナイトマーケットにコーヒー通り、ビアホイ通りにプリン通り

2018年9月22日

ベトナムの首都ハノイでは、毎週末(土曜日・日曜日)にホアンキエム湖周辺でナイトマーケットが開催されています。

アジア有数のにぎやかなナイトマーケット

ハノイの街の中心のホアンキエム湖は、竜神伝説がある湖としてハノイの皆様にすごく大切にされている湖。黎朝の初代皇ベトナムの首都ハノイでは、帝黎利が、中国明の軍隊を撃退した後に、宝剣を湖の竜神に返還したという伝説から「還劍(ホアン・キエム)」と呼ばれるようになったそうです。

ハノイの昼間は交通量が非常に多く、特にホアンキエム湖周辺の混雑は激しいのですが、週末の夜になると交通規制がしかれて歩行者天国になります。荷物をたくさん積んだ自転車や、大量のバイクが姿を消すかわりに、数百もの屋台やお店がズラリと立ち並ぶ賑やかなナイトマーケットに変貌します。

このブログでは、ハノイの夜の魅力「ナイトマーケット」と、魅惑の3大ストリート「コーヒー通り」「ビアホイ通り(ビール通り)「プリン通り」の雰囲気をお伝えしたいと思います!


ホアンキエム湖の玉山祠から出発!

ホアンキエム湖の北側の島には玉山祠があります。真赤な橋でつながっていて夜は綺麗にライトアップされています。多くの家族ずれが訪れている憩いの場となってました。伝説の亀?のはく製もありました。

ハノイの旧市街の景色と言えばここですよね。週末は綺麗にライトアップされています。

この派手にライトアップされた湖上の塔が伝説の亀の場所なんだそうですよ。


 

Hang Dao通り(ハンダオ)がナイトマーケットの中心

ホアンキエム湖の北側がハノイの旧市街と言われるエリアになります。ハノイ旧市街エリアでは、たくさんの出店・屋台がオープンしています。その中でもナイトマーケットのメインはHang Dao通り。様々な屋台では、お土産や日用品等なんでも売られていますし、ちょっとした路上パフォーマンスなどを楽しむこともできます。いろんなアジアのナイトマーケットを見てきましたが、トップクラスのすごい大盛況。しかも治安の悪さを感じませんでした(スリ程度ならありそうですが)。お土産の購入や、値引き交渉を楽しんだりすることができると思いますよ。ハノイの週末は、ナイトマーケットに絶対におススメですよ。

服や可愛い小物もたくさんありました。

 

ハノイグルメの代表。ナイトマーケットの屋台グルメ。グルメ屋台もたくさんありました。時々火事があるのか、そこらじゅうに消火器が設置されていましたよ。

使えるのかどうか、本物かどうかも分からない、いろんな面白そうな家電。かなりの格安。

一歩道を離れるとこんなにかわいいランタンが飾られたストリートもありました。なんとなくベトナムっぽい、ハノイっぽいですよね。

ハノイらしい民族衣装を着たパフォーマーたち。ところどころでは歌ったり踊ったり、楽器をかきならしたりのパフォーマンスも。いくらでも時間をつぶすことができます。

 


ベトナム珈琲を楽しめるコーヒー通り

ナイトマーケットを楽しんだら、次はベトナムコーヒーを楽しもうとコーヒー通りへ。ベトナムのハノイは、数多くのカフェが軒を並べています。ベトナムは珈琲生産量がブラジルに次いで第2位。実はコーヒー大国。色んなコーヒーが安く手に入るんです。そんなコーヒー豆屋が並んでいるのが通称「コーヒー通り」。コーヒー通りでは、コーヒーを飲むこともできますが、どちらかと言えばコーヒー豆を買う場所。

下地図はコーヒー通りにあるコーヒー豆屋Kim Lai Coffeeさんの場所を示しています。

コーヒー通りはHang Buom通りにあり、このあたりを歩くだけで美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきます。複数並んだ豆屋さんでは、それぞれ自慢の様々な種類の豆が格安で販売されていて、簡単な日本語と英語を使いながら説明してくれました。

コーヒー好きにはたまらない芳しい香り漂うストリートです。

簡単な日本語も混ぜながら接客してくださいました。いくつかの豆の香りをかがせてくれて、好きな豆を選ばせてくれます。ハノイならではのコーヒーや、日本人に人気のブルマンなどなど。

ベトナムのハノイでよく見かける家族ぐるみで仕事している風景。

 


ベトナムビールのビアホイ通り。レストランやバーが集まる場所

下地図はTa Hien通り(通称:ビアホイ通り)の有名店HayBarです。ハノイでは生ビールの事をビアホイとよんでます。ナイトマーケットの屋台街から一つ裏道に入った「Ta Hien通り(通称:ビアホイ通り)」は、レストランやバーが立ち並んでいて、ちょっと欧米人が多めの雰囲気。欧米人バックパッカーが似合うオープンバーとかもありましたが、私達は「Little Hanoi」というレストランへ。(注意:バインミーで有名な同名のLittleHanoiさんとは別のお店です。)まず驚いたのはビールの安さと料理の美味さ!サイゴンビールとか種類はいくつかあるようですが、飲んだことが無いHALIDA BEERを注文。中々さっぱりでコクがあって美味い!しかも確か1本100円以下。通りの通称がBiahoi Streetになったのも分かります!そして生春巻き!フォー!どれも美味しい。良くベトナムの料理は日本人の口に合うと聞いていましたが、まさにその通りと実感。ベトナムに住んでも食生活は大丈夫と確信!ハノイは物価も安いし、良い街だ!

ここらへんではハノイで人気の路上焼肉がにぎわっていて、お肉のいい香り!

今回お邪魔したリトルハノイ。暗そうに見えますが、中は賑わっていて入りやすい店ですよ。

こちらのリトルハノイを選んだのは正解だったと思います。すごい美味しかったですよ。肉も野菜も日本人の口にあう。スタッフの皆も陽気で明るくて。

味の深見が日本人の味覚にマッチするんだと思うんですよね。

ベトナムの地場ビール。ハリダビール(halida beer)。ハノイで飲むことができるビール。とにかく安い。しかも普通に南国風の薄めの飲みやすいビール。


ハノイの魅惑の夜 最後はプリン通りへ

ハノイにはプリン好きには見逃せない「プリン通り」なる魅惑のストリートがあります・・・・。ベトナムはプリンが美味しいらしい。しかも若者に人気のスイーツらしい。でもお手軽な若者向けの為、あまりレストランなどで見かけません。となればやっぱりプリン通りに行こうじゃないですか!

↓地図が有名なケム・カラメンさん。有名なドンスアン市場から北に10分位歩いた位置です。ドンムアン市場を越えると、マーケットの雰囲気はなくなります。

ハノイではプリンの事を「バインフラン」と呼ぶそうで、高級スイーツではなく大衆向けスイーツ。なので専門プリン屋などは、基本路上の小さな椅子に座っていただくスタイルです。今回お邪魔したのが、ケム・カラメーン(Kem Caramen)というお店。有名なドンスアン市場から北へ徒歩10分位です。バインフランと、今人気のココナッツプリンを頂きました。ハノイって、なんでも安くて美味しいな。プリンは、卵の濃厚な味に、このたっぷりかかったカラメルソース。そりゃ美味しいでしょ。

しかも、路上に座って食べていると、すこしベトナム玄人に慣れたような、ハノイ現地に馴染めたように感じることができて刺激的でした!

有名なドン・ムアン市場を北に通り抜けていきます。

ドンムアン市場を越え、更に古くて巨大な水道タンク横を越えてさらに北上します。

プリン通り周辺は、路上に小さな椅子がたくさん並んでいて、みんな路上でプリンを食べていました。路上で食事する姿はハノイでよく見かける風景ですよね。

いかがでしたか?ハノイには色んな珍しいストリートがあって更なる魅力を感じました。ハロン湾、フォーだけじゃないマニアックなハノイ。良い街だったなぁ。


↓ランキング参加始めました。ご支援クリックをお願いします。

海外旅行 ブログランキングへ